トップページ






>ポルシェ・ボクスターSの仕様/インプレッション

ポルシェ・ボクスター(986)のインプレッションについて~内装

box-illumination310-thumbnail2

全般
全体的にはアバンギャルドでもなく、保守的でもないと感じます。広くもありませんが、タイトでもありません。。言い換えれば特に強烈な印象を残さない、また別の見方をすればドライバーが違和感を感じない、自然なつくりなのかもしれません。プラスチック部品が多く、高級感には欠けると思いますが、ボクスターは他の車と比べると「高額車」ではあるけれど「高級車」ではないと思っていますので特に不満はありません。

プラスチック部品
なんせハメコミ部分が硬いです。並のパワーでは取り外しが難しいので、気分だけでもドイツ人になったつもりで思いっきり引っ張って外してみましょう。ドイツ人的パワーが必要です。大胆かつ繊細に...。

インテリア照明
暗いです。全体的に輝度が低く、BMWの華やかさに比べるとちょっと寂しいです...。SAABなどは運転に集中できるよう夜間にメーター照明のみを残して他のイルミネーションを消せる装備があったと思いますが、運転者の気を必要以上にひかないという同じような意図なのでしょうか。色はアンバーとオレンジの中間といったところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ・ボクスターSの仕様/インプレッション