トップページ






>ポルシェ・ボクスターSの仕様/インプレッション

ポルシェ986ボクスターの生産地の見分け方について

2015/08/23

ポルシェ社はSTUTTGARTのツッフェンハウゼン工場が生産キャパシティいっぱい(当時約30000台・2002年末にはラインとシフトの見直しで34713台までキャパが拡大しています)になってしまったため、アウトソーシング先としてフィンランドのヴァルメット社とボクスターの組み立てに関する契約を結び、1997年9月から実際にヴァルメット社のUNSIKAUPUNKI工場にて生産が開始されています(2002年度では20337台がこの工場で生産されています)。当初はボクスター生産の60%をこちらの工場で生産していたということですが、2003年現在では約97.5%のボクスターがフィンランド製です。このUNSIKAUPUNKI工場はサーブのカブリオレ全モデルやオペル・カリブラなどオープンカーやスポーツモデルを得意とする工場だそうです。では、どのようにして自分のボクスターの生産工場を見分けるのか?

box-serial2-thumbnail2

VIN(車体番号)の11番目の数字が「U」であればUNSIKAUPUNKI、「S」であればSTUTTGARTとなるそうで、ちなみにぼくのボクスターはヴァルメット製です。新しく建設したライプツィヒ工場ではカレラGTの組み立て(エンジンはツッフェンハウゼン工場で生産)やカイエンの生産を行っていますが、ボクスターの生産はどうなるのでしょうね。ちなみに10番目の数字はモデルイヤーを表します(製造年ではありません)。V=1997、W=1998、X=1999、Y=2000、1=2001、2=2002、3=2003年。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ・ボクスターSの仕様/インプレッション