>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>ポルシェ・ボクスターSの仕様/インプレッション

ポルシェ986ボクスターの歴史、モデルイヤーごとの価格や変遷について

投稿日:

DSC02725

ここでは、ボクスターの歴史をたどってみます。なお、年変更箇所やイヤーモデルの内容はぼくの記憶に頼る部分が大きいのでもちろん間違いがあると思いますが、ご指摘いただければ随時訂正してゆきたいと思います。(特にぼくがボクスターに興味を持つ99年頃までの情報は曖昧です、ご注意ください。)



~ポルシェ・ボクスターとは?~

ボクスターは、特別な輝きをもったスポーツカーです。ハートの暖かさ、沸き立つ高揚感、そしていい知れぬ感動。このニューモデルの起源は、ポルシェ創成期のロードスターモデルにまで遡ることができます。すなわち、1948年に誕生した伝説の356/1であり、あのレースの覇者550スパイダーです。以来、半世紀余をかけて、そのコンセプトを暖め、進化・熟成させ、ついに蘇らせたのです。稀少な存在でありながら、際立つ存在感と輝きを放つ新世代ロードスター。伝統と革新、その完璧な融合から生まれるピュア エモーション。その純粋な感動は、時を超えた共感となって伝えられていきます。(ポルシェ・ジャパン ホームページより抜粋)
「BOXSTER」は「BOXER」と「ROADSTER」とを掛け合わせた造語です。クーペ、カブリオレ、コンバーチブル、ロードスター、ブレーク、バギーなどヨーロッパのメーカーがその形状に用いている名称はその多くが馬車のボディ形状に由来します。「カブリオレ・コンバーチブル」と「ロードスター」との区別ですが、前者は4名(以上)乗車の、屋根を開けることが出来る馬車、後者は2名乗車の簡素な、布製の屋根をかけることも出来る馬車もしくは路上走行用の馬、と定義されることが多いようです。乗員数の他、「クローズが基本」「オープンが基本」というそれぞれの差があるようです。

1998年、マツダが「ロードスター」なるオープンカーを登場させました。この車は瞬く間に世界的ヒットとなり、その成功は小型オープンカーの開発をためらっていた自動車メーカー各社を刺激するには十分でした。結果、BMW Z3、メルセデス・ベンツSLK、ローバーMGF、フィアット・バルケッタ他さまざまなライトウエイトまたはそれに準ずるオープンカーが登場しました。ボクスターのその流れの一環で開発が始まり、当初は現在よりももっと小さく、ライトウエイトモデルとなるべく開発されていましたが、諸般の事情で現在のサイズに落ち着いたということです。ボクスターは911カレラとは異なり、ミドシップレイアウトを採用しています。当然ながらミドシップとはエンジンを車体中央にマウントするレイアウトのことで、重量物(エンジンや補機類、人間など)が車体中心に集中するために前後重量配分が最適化されハンドリングも素直、また駆動輪であるリヤタイヤにトラクションがかかりやすい(RRほどではないですが)のも特徴です。ミドシップと謳いつつもエンジンが比較的後方に搭載されるモデルも多い中、ボクスターは乗員とリヤタイヤとの間にエンジンが納まる「本物の」ミドシップレイアウトです。気になるのは荷物などの積載性と思いますが、フロントトランク・リヤトランクともに相当量のスペースを確保しており、それは前後あわせて260Lという数値となります。トップのオープン・クローズ状態で容量が左右されることも無く、形状もスクエアなので非常に使い勝手が良いと思います。911以外はなかなかヒットを出せず、今までは911を除いてどのモデルもモデルチェンジを迎えることなく消滅していったのが現状ですが、ボクスターは発売以来高い人気を集めており、911以外のモデルとしては初のモデルチェンジを迎えようとしています。

1993年度の決算報告では3億マルクもの赤字、ちょうど経営危機説がささやかれたのもこの頃です。しかしながらボクスターが1996年に登場し早くも人気化、もともと本社のツッフェンハウゼン工場では生産キャパシティが33000台程度であったためにすぐ生産が追いつかなくなり、アウトソーシング先としてフィンランドのヴァルメット社と委託生産契約を結び、生産・販売が安定した1999年にはポルシェ社の総生産台数は45199台まで増加、約5億マルクもの黒字へと転換しています。ボクスターはポルシェ社の経営を復活させた立役者とも言えます。

~ポルシェ社の業績~
1993年に現在のポルシェ社CEOであるヴィーデキング氏が現職に就任(1983-1988年までは製造管理関係としてポルシェAGに在籍経験アリ)、そこからポルシェは変わります。従来の伝統に囚われず革新的な経営を目指します。2000年には「インダストリー・ウイーク」の調査による「世界優良企業TOP100」に選出、またドイツ国内でも2001・2002年度において「最優秀イメージ企業」に選ばれます。それまでの業績を評価され、ヴィーデキング氏は本来2002年9月までであった任期を2007年9月までとするという決議が監査役会で満場一致で決定。
2001年
売上高 44億4000万ユーロ(前年比+21.8%) 税引き前利益5億9250万ユーロ(前年比+36.5%) 出荷台数54586台(前年比+11.9%)うち911は26721台(ターボ投入のため前年比+15.9%)、ボクスターは27865台(前年比+8.2%、うちSの販売比率は46.5%)。
2002年
売上高 48億6000万ユーロ(前年比+9.4%) 税引き前利益8億2890万ユーロ(前年比+40%) 出荷台数54234台(前年比-0.6%)うち911は32337台(前年比+21%)、ボクスターは21897台(前年比-21.6%)ツッフェンハウゼン本社工場の生産台数は34713台、フィンランドのヴァルメット工場では2.337台。
2003年度
出荷台数(目標値)65000台。結果として年間総販売台数は、前年の54,234台より23.2%増の66,803台(生産は73,284台)。中でもカイエンの販売台数は20,603台(うち23%がターボ)を記録。ボクスターは21,987台を記録した前年度より14.6%減の18,788台が生産され、前年度20,337台のフィンランド生産分は18,031台。
2004年度
ボクスター・ボクスターSがアメリカの自動車専門誌「Automobile Magazine」(オートモービル・マガジン/発行部数50万部)誌による「All-Star Awards for 2004」にて50%を超える票を獲得し、「Best Sports Car」賞を獲得。オートモービル・マガジン誌のオールスター・アウォードで、ボクスターに賞が贈られるのは今回で3度目だそうです。
また、2003年はボクスターの源流である550スパイダーのデビュー50周年にあたり、それを記念してエンジンをはじめとした数々特別装備を満載したボクスターS「550スパイダー エディション」を1953台限定で販売します。(ポルシェ ジャパンではその内61台を販売)
2004年3月
ポルシェ・カレラGTと高級SUVのカイエンを生産するライプツィヒ工場の拡張を発表。既存の組立工場の敷地面積1万5000平方メートル、拡張工事で新たに3600平方メートル工場の敷地を確保。この拡張工事は、生産工程と最終検査の一層の最適化が狙いで、総工費は670万ユーロ。2004年11月に完成する計画だそうです。ライプツィヒ工場では、2002年8月からカイエン、2003年9月からはハイパフォーマンスカーのカレラGTを生産しています。
2004年3月
ビーデキング社長兼CEOがジュネーブに本部を置くハインツ・ゴールドマン国際コミニケーション基金のエクセレンス・イン・リーダーシップ賞を5年連続で受賞。この賞は世界各国の企業経営者68人によって選ばれるものだそうです。世界的に景気が低迷している中で、2003年度決算で過去最高の業績を達成したことにつきビーデキング社長の経営手腕が評価された模様です。
2004年8月
ポルシェ社が「最も価値あるブランドベスト100」に選出されたそうです。集計したインターブランド社独自の集計方式によると、ポルシェのブランド価値は約29億3,000万ユーロで、100ブランド中の74位にランクされています。

~ボクスター年表~

1993
デトロイトショーにて「ボクスター」プロトタイプを発表。マツダ・ロードスターに端を発するコンパクトロードスターブームの一環としてポルシェもこのカテゴリへの参入を目論みました。たしかにこの次期に計画・発表されたロードスターはMGFやフィアット バルケッタ、アルファロメオGTV、BMW Z3、メルセデス・ベンツSLKなど多くの車種があります。正直なところぼくはこの時期、ボクスターの「ボ」の字も知りませんでした。ぼくにとってポルシェとは、自分と別世界の乗り物だったのです。

1996
ボクスター発表・生産開始。

1997
ボクスター発売

1998(MY1999発表)
ボクスター(5MT 2480cc 204PS 1270kg)610万円
ボクスター(5AT 2480cc 204PS 1300kg)670万円

1999(MY2000発表)
ボクスター(5MT 2687cc 220PS 1300kg)610万円
ボクスター(5AT 2687cc 220PS 1330kg)670万円
ボクスターS(6MT 3179cc 252PS 1340kg)710万円
ボクスターS(5AT 3179cc 252PS 1370kg)750万円
ボクスターS登場、「S」のみトップにライナーが装備される
エンジンマネージメントシステムをボッシュモトロニック7.2へ変更

<2000年モデルのボディカラー設定>
ブラック
ガーズレッド
ビアリッツホワイト
スピードイエロー
オーシャンブルーメタリック
ゼニスブルーメタリック
アリーナレッドメタリック
レインフォレストグリーンメタリック
ブラックメタリック
アークティックシルバーメタリック

2000(MY2001発表)
ボクスター(5MT 2687cc 220PS 1300kg)550万円
ボクスター(5AT 2687cc 220PS 1330kg)670万円
ボクスターS(6MT 3179cc 252PS 1340kg)690万円
ボクスターS(5AT 3179cc 252PS 1370kg)750万円
価格改定(引き下げ)
アクセルがフライド・バイ・ワイヤヘ変更
オプションにPSMを追加
サイドエアインテーク(左)の形状変更(タバコなどの吸い込み防止のため)
マネジメントコンピューターの設置場所の変更(水没防止のため)
サイドエアバッグが標準装備化
可変吸気システムの変更
ステアリングスポークが4本から3本に変更

<2001年モデルのボディカラー設定>
ブラック
ガーズレッド
ビアリッツホワイト
スピードイエロー
ブラックメタリック
ラピスブルーメタリック
レインフォレストグリーンメタリック
オリエントレッドメタリック
アークティックシルバーメタリック
シールグレーメタリック
メリディアンメタリック
ザンジバルレッド

2001(MY2002発表)
ボクスター(5MT 2687cc 220PS 1300kg)550万円
ボクスター(5AT 2687cc 220PS 1330kg)670万円
ボクスターS(6MT 3179cc 252PS 1340kg)690万円
ボクスターS(5AT 3179cc 252PS 1370kg)750万円
エアロパーツがGT3タイプに変更
排気音が太くなった?
操作部スイッチがつや消し塗装に変更
キーのクレストがカラーへ変更
オプションにボーズサウンドシステムを設定
特注インテリアカラーだった「ネフライトグリーン」が標準オプション色に追加
ステアリング上のクレストがカラーへと変更

<2002年モデルのボディカラー設定> ブラック ガーズレッド キャララホワイト スピードイエロー バサルトブラックメタリック ラピスブルーメタリック レインフォレストグリーンメタリック オリエントレッドメタリック アークティックシルバーメタリック シールグレーメタリック メリディアンメタリック ザンジバルレッド 2002(MY2003発表) ボクスター史上、初の大幅なフェイスリフトが施されました。価格の変更はありません。気にしているのはぼくだけかもしれませんが、ぼくが「スピードイエロー+グラファイトグレー幌」をオーダーした翌年度のカタログ、つまりMY2003のカタログから同じ組み合わせがカタログのカラーサンプルとして掲載されました(それまではグレー幌のサンプルはメタリックレッド系でした)。細かい事ですが、今回のカタログからボディカラーのカラーサンプルがより本物の塗装に近い質感になりました。 ボクスター(5MT 2687cc 228PS 1340kg)550万円 ボクスター(5AT 2687cc 228PS 1370kg)670万円 ボクスターS(6MT 3179cc 260PS 1370kg)690万円 ボクスターS(5AT 3179cc 260PS 1400kg)750万円 変更点は下記の通りです。 マフラーエンドが太くなった ステアリング、シフトレバー、ドアハンドル、サイドブレーキレバーがインテリア同色に変更 オーディオの配線が光ケーブルに変更、ヘッドユニットがCD対応に変更 前後バンパー、リヤスポイラー、サイドエアインテークの形状変更 リヤスクリーンがアクリルからガラスへ変更 オプションの18インチホイールが02モデル以降のカレラと同じ軽量タイプに変更、標準装備のホイールも変更(4輪で-10.8kg) バリオカムを連続可変タイプへ変更 室内装備にカップホルダー、グローブボックスの追加 エンジンマネージメントシステムをボッシュモトロニック7.8(32ビット)へ変更 <2003年モデルのボディカラー設定> ブラック ガーズレッド キャララホワイト スピードイエロー バサルトブラックメタリック ラピスブルーメタリック ダークティールメタリック オリエントレッドメタリック アークティックシルバーメタリック シールグレーメタリック メリディアンメタリック ミッドナイトブルーメタリック 2003(MY2004発表) 2002年モデルから2003年モデルへの変更の時のように大きな変更が無かったせいか、メディアでもほとんど取り上げられる事はありませんでしたが、2003年8月26日に2004年モデルが発売開始されました。機械的な変更についてはアナウンスがありませんが、ボディカラーが変更を受けています。何と言ってもボクスターSの価格引下げ(-40万円)が最大のトピックと思われます。また、オプションにスポーツシフトが設定されています。 ボディカラーではメリディアンメタリック・オリエントレッドメタリックがドロップ、代わりにアトラスグレーメタリック、カルナモレッドメタリックが追加されています。インテリアカラーでは当初オプション扱い、その後標準選択が可能となったネフライトグリーンがドロップしてしまいました。非常に細かい事ですが、今回のカタログからしおりが付きました。 ボクスター(5MT 2687cc 228PS 1340kg)550万円 ボクスター(5AT 2687cc 228PS 1370kg)670万円 ボクスターS(6MT 3179cc 260PS 1370kg)650万円 ボクスターS(5AT 3179cc 260PS 1400kg)710万円 *2003年12月6日には限定車「550スパイダーエディション」が1953台発売されました(デリバリーは2004年から)。 <2004年モデルのボディカラー設定> ブラック ガーズレッド キャララホワイト スピードイエロー バサルトブラックメタリック ラピスブルーメタリック ダークティールメタリック カルナモレッドメタリック アークティックシルバーメタリック シールグレーメタリック アトラスグレーメタリック ミッドナイトブルーメタリック 2004(MY05発表) 9月7日にNEXT GENERATION BOXSTER、987についてオフィシャル公開がありました。価格はアメリカで43800ドル(2.7)、53100ドル(S)。北米での発売開始は1月15日、デリバリーは3月から。 こちらはポルシェUKのサイト、なぜか毎回UKが一番速く情報を公開するようです。レジスターしないと見れない(UK在住者のみを対象としている)コンテンツが多いですが、いくつか見れるムービーは鳥肌が立つくらい格好良いです。 いまのところわかっている範囲でのスペックは以下の通りです。 *OPで19インチ、BOSE、アダプティブスポーツシート、スポーツクロノパッケージ、PCCB *2.7Lは17インチ、3.2Lは18インチ標準 *PSM標準 *ロールバーは高張力ステンレス *シフト改良 *2.7Lは240PS、3.2Lは280PS *エグゾーストサウンドはテールパイプでチューニング *軽量化達成 *ボディ幅+21mm、トレッド+35mm *サイドアンダーパネル追加でCD値0.29(2.7L)、0.3(3.2L) 0-100km加速は2.7Lで6.2秒、3.2Lで5.5秒

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SUPERTOYZ

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ポルシェ・ボクスターSの仕様/インプレッション

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.