トップページ






>ランボルギーニ・ガヤルドの維持費/メンテ/トラブル

ランボルギーニ・ガヤルドのコーティングメンテナンス完了

2015/08/23

p42028129-thumbnail2

毎年恒例、ガヤルドのコーティングのメンテナンスが完了しました。
ぼくのガヤルドは納車時にMAXさんの「アルティメイト・プロ」を施工いただいており、年に一回、そのメンテナンスをMAXさんにお願いしています。

MAXさんにはコーティングの種類がいくつかありますが、ガヤルドにはやはり最上のものを、ということで高価ではありますが、件のコーティングを依頼したのですね。

911カレラの時にもその効果を実感しており、ガヤルドにてこの「アルティメイト・プロ」は2台目の施工となるわけですが、大きなメリットのひとつとして「飛び石が付きにくい」ということを実感しており、この手の車には向いていると思います。

もうひとつは「熱に強い」ということも感じます。
たとえばヘッドライトなどはけっこう熱くなる部分で、テールランプも同様(ガヤルドはLED+キセノンなのでさほど熱を持ちませんが)ですが、こういった部分は熱のせいかすぐにコーティングが劣化するのですね。

ディーラーさんでサービスでガラス系コーティングをサービス(無料)で施工してくれるケースもありますが、その場合、まっさきにコーティングが劣化するというか洗車時に水を弾かなくなるのが、こういったランプ類だと思います。

おそらくはコーティングの質はもちろん、下地処理にも大きな違いがあるのだと思いますが、MAXさんに依頼したコーティングはこういった部分が長持ちし、常に自分で洗車を行うぼくにとって、大きな気づき点となりうるわけです。

エッジの部分もバッチリ。ガヤルドはエッジの多い車ですので、エッジがきれいだと、車全体がシャッキリして見えます。
最近は中古車を購入する機会がありましたが、中古車の場合でもエッジ部分をきれいにしておくと(他は樹脂)車自体が非常にきれいに見えるのですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ・ガヤルドの維持費/メンテ/トラブル