>ポルシェ911(997)という車について >ポルシェ911カレラの仕様/インプレッション/近況

ポルシェ911のインプレッション~997のパフォーマンスについて(1)

2017/08/22

LINEで送る
Pocket

997-engine2-thumbnail2

ボクスターから乗り換えたぼくにとっては、やや「リヤヘビー」 に感じる一瞬もありますが、気になるほどではありません。以前に試乗したカレラ(Tip、18インチ、ノーマルサス)ではそれを意識する場面があったので すが、ぼくの997(MT、19インチ、PASM)ではほとんど感じることもないので、リヤのトレッド、Tipの重量(プラス40kgがリヤオーバーハン グにある)などに起因するのかもしれません。

997になり、PASMが装備されるようになってから「サルー ンにもひけをとらない乗り心地」などと記載されているのを良く見かけますが、自動車として客観的に見ると、そんなに乗り心地が良くないと思います。「今ま でのポルシェに比べて」「スポーツカーにしては」「このサイズのタイヤ・ホイールを履いている割には」という但し書きが付いた上で「乗り心地が良くなっ た」というだけであると思います。確かにどの車よりもスタビリティと乗り心地を非常に高い次元でバランスさせているとは思いますが、評論家の話を鵜呑みに し、試乗抜きで乗り心地を求めて購入すると期待と異なるかもしれません。うねった路面などではボディをシェイクされることなくなめらかに乗り越えてゆきま すが、細かい段差が連続する不整路では、やはり振動がキツいと感じる場面もあります。

ポルシェ911のインプレッション~997のパフォーマンスについて(2)

997-wing-thumbnail2

そしてカレラは、ボクスターほどマイルドでコントローラブ ルではない、と思います。どちらかというと、獰猛で荒々しく乱暴な印象すら受け、それは「自動車的に間違っている」といわれるカレラのレイアウトに起因す ると思いますが、ある意味ポルシェの歴史はそれを克服しようとしてきた歴史でもあります。乗れば乗るほどボクスターとのキャラクターの違いを感じ、あらた めてボクスターの素性のよさ、ミドシップの圧倒的な優位性を感じます。
そんなカレラですが、もちろんレイアウトに起因する問題はポルシェ社も十分理解していて、ご存知のように何度となくポルシェ社は911に代わる車種を提案 し続けてはマーケットに拒否され(近年になりやっとボクスター、カイエンが受け入れられた)、しかし現在では開き直ったかのように、911のラインナップ を拡大し続けています。

911にはポルシェ博士の思想が色濃く反映されていて、マーケットがそれを理解しているのか、はたまた「911神話」に基づいて マーケットが行動しているのか、それはわかりません。現在最も売れているポルシェ車はカイエンなので、マーケットはポルシェ博士の思想とは無関係に動いて るのかもしれませんね。ぼく自身「ポルシェとはかくあるべきだ」という信念のようなものは持ち合わせておらず、それが自動車としてエンジニアの「こんな車 を造りたかった」という熱い想いを反映されたものであれば十分だと思っています。

ポルシェ911のインプレッション~997のパフォーマンスについて(3)

997-brake10-thumbnail2

997は非常に機械的である、といった印象が強いです。それは各 部のタッチが硬かったり、キーを差し込んだとたん「ガシャン」とステアリングロック?解除/設定される音や、ムダのないシフト、19インチタイヤ&ホイー ルの乗り心地に起因する部分が大きいと思います。同じ19インチでも、ずいぶんボクスターよりは乗り心地が硬いように感じ、やはり実際に自分の車として所 有して乗ってみると、試乗時にはわからなかったことがたくさん見えてきて面白いです。

現在、各灯火類をLEDに換装中ですが、キーを抜いていても、ラ ンプを点灯していなくても、通電している箇所があります。フロントのスモールランプやウインカーがその部分なのですが、非常に不思議です。インテリアの残 照機能に連動しているのかといえばそうでもなく、ロック後もときどき思い出したように通電ては消えます。これはセキュリティに関連する車両モニタの一環な のかそうでないのかは不明ですが、とにかく996/986に比べて車両管理システムが末端にまで伸びている印象で、電気系は下手に弄れない、といった印象 です。

->ポルシェ911(997)という車について, >ポルシェ911カレラの仕様/インプレッション/近況