>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

>中国

中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、1926年建設の「金門大酒店」

2018/5/23

| 上海の常宿、金門大酒店はこんな感じ | さて、上海に来るといつも利用するホテル、「ジン ジャン パシフィック ホテル上海/上海金門大酒店/Jin Jiang Pacific Hotel Shanghai」。 ほかにもいくつか高級ホテルも含めて泊まったことがあるものの、ここが一番落ち着くと考えています(理由はわからない)。 場所は人民広場前、地下鉄駅「人民広場」徒歩数分、繁華街の南京東路、南京西路にも歩いて行けるという立地で至極便利。 こちらもオススメ、関連投稿 中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ガヤルドの維持費/メンテ/トラブル

ランボルギーニ・ガヤルドのメンテナンス~洗車24回目

投稿日:

p2-d1486-thumbnail2

ガヤルド洗車。
自分で洗ったのは今年の4月6日以降、その後にコーティングのメンテナンス(6/29)を行っていますのでそれを考えても、実に3ヶ月ぶりの洗車。
ぼくといえば常に車を洗っているというイメージを持つ人も多いと思うのですが、じつのところぼくは大変なモノグサで、洗車もあまりしたくない(汚れるのでやむなく洗車する)タイプであります。



ガヤルドは、カービューティーMAXさんにて「アルティメイト・プロ」というコーティングを施工してもらっているのですが、これが車が汚れにくい、埃が付着しにくいという優れもので、そのため洗車の回数が減っているというのもあります。
(とくにイヴォークにおいては顕著で、イヴォークは雨の日も風の日も毎日乗ってもボディがほぼ汚れないので洗車の回数が少ない。ホイールがブレーキダストで異常に汚れるのでやむなく洗車することになります)
そう考えると、コーティングというのは、ぼくのようにとくに面倒臭がりの人間にこそ向くんじゃないか(洗車も楽ですし)、と思ったりするわけですね。
なお、MAXさんでは新しく(といってもしばらく前ですが)コーティング焼き付けブースを導入されており、コーティングの定着を強化されているのですが、それによりコーティングの品質(強度、保ち)がかなり向上したように感じます。

それはそれとして、ガヤルドの洗車で最も面倒なのがフロントやサイドエアインテークのハニカム。
現在ではそれなりに慣れとともにこのグリルのメンテ技術も向上しましたが、慣れない頃はかなり手を焼きました。
ここはサイバークリーンの使用にて、かなり手っ取り早く清掃を行うことが出来ます。

ほか、フロントフェンダーの後ろ側もピッチが付着したり、飛び石傷がついたり、と汚れが目立つのでクリーナーで掃除を行っています。
飛び石はと言えば、やはりこれもコーティングの皮膜が硬いのか、今までぼくが乗ってきた車の中では(ガヤルドは)もっとも速く、もっともスピードを出しているのですが、ほぼ皆無。
ぼくは様々なことを自分で行いますが、それでもコーティングは自分で挑戦した結果、「自分では無理」と考えており、餅は餅屋、コーティングはプロの業者さんに任せた方が良いと考えています。
メンテナンスにかかる時間が大幅に短縮されますし(頻繁に乗る人は洗車の回数が減り、あまり乗らない人もそれは同様)、傷つきなども大幅に減ると考えていますので、お金を投じるだけの価値は充分にあると考えています。

それはさておき、今回導入したのが「ブロワー」。
要は洗車後にボディ上の水滴を風で飛ばすものですが、ブラック&デッカーの充電式のものを購入してきました。
使った感想ですが「なんで今まで使用しなかったんだろう」と思えるほど効果が大きく、洗車にかかる時間がこれまた大幅に短縮(20分くらい)されています。
とくにホイールなど構造が複雑なところ、ホイールナットのホールなど水が溜まりやすいところには効果てきめん。
なお、ガヤルドもボクスターもホイールサイズは同じ19インチなのですが、ボクスターの方がタイヤの外形が大きいので、ボクスターのタイヤを見た後にガヤルドのタイヤを見ると、なんだか小さく見えます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ・ガヤルドの維持費/メンテ/トラブル

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.