>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>ポルシェ・ボクスターSの維持費/メンテナンス/トラブル

ポルシェ・ボクスターS(986)のトラブル記録

更新日:

DSC00909_edited-1

2002.1.31 47km リトロのレンズ内部が曇ります。ライトハウジング内部と外気温との差が大きいときに起こりやすいようです。

2002.3.24 420km パンクしました。何か金属質のとがった物を踏んでしまったようです。軽い衝撃を感じた後タイヤをチェックしてみると空気の抜ける音がしている事に気づき、すぐに修理を行ったので大事には至りませんでした。すぐ後に同じ銘柄のタイヤに交換しました。(AVSスポーツ、67000円)リヤタイヤはフロントタイヤが弾いた釘などを踏んでパンクする可能性がより高いそうです。



2002.7.27 1900km クーラー使用時、助手席、運転席足元に水が溜まりました。マニュアルにて風量設定を行い、走行5時間程、車内と車外の気温差約13度の条件下にて現象発生。その後、オートにて温度設定を行い、車内・外の気温差7度という条件にて2時間ほど走行しましたが、水は出ていないようです。おそらくは結露によるものと思われます。再び温度差がある時に走ってみないと確信は持てませんがオート時には各吹き出し口の風量もコントロールするらしいので結露もある程度コントロール出来ているのかもしれませんね。以後再発なし。

2003.1.5 3850km フロントガラスに飛び石傷が付きました。小さなものですが、ポルシェのフロントグラスは弱いみたいですね。

2003.1.12 3900km リモコンキーに不具合発生。発光ダイオードが光りっぱなしになり、操作ができなくなる時があります。電池を入れなおすと一時的に回復します。PCに相談したところ、無料でリモコン部を交換してくれました。以後再発していません。単純にリモコン側の問題のようでした。

2003.4.20 5140km リヤトランクが開かなくなりました。フロントトランクは問題なく開き、かつリヤトランクのオープンスイッチを引き上げてもいつも通りにロック解除のモーターが「ウイ」と音を出すので、ロック解除は作動していることがわかります。ただ、トランクフードが持ち上がらないのです。リモコンを使ってトランクを開けようと思っても全く同じ症状で、何とか開けようと付近を見回しましたが外部からトランクを開けるのはちょっとやそっとでは不可能っぽいです。リモコンのボタンを不用意に押してしまってセキュリティの設定を変えてしまったのか?と思いましたがフロントトランクが問題なく作動し、またメモリーをリセットするために2分間バッテリー端子を外してみても状況は変わりません。となると電気的なものではなくトランクのポップアップ機能に問題がある可能性が大きいと考えました。トランクのポップアップ時には、(トランクフード側に内蔵された)スプリングの入ったシャフトがロック解除と同時にトランクフードを押し上げることになります。このスプリングがバカになってしまった可能性、またスプリングが正常でもそれを上回る力で防水パッキンとトランクフードが固着してしまっている可能性があります。ここで以前トランクを開けたのはいつだろう?と思いましたがそれは思い出せないくらい昔の話です。さらに考えると、この症状が発生したのは走行後にすぐに洗車した後です。走行により膨張したリヤトランク内の空気が洗車時に外部より冷たい水をかけられて収縮し、トランクフードが吸盤のようにトランク内部側に吸い寄せられて防水パッキンに密着してしまっているのではないか?という結論に達しました。しかしトランクフードを引き上げようにも指先の入る隙間がありません。そこでリヤウイングを上げ、出来た隙間からトランクフードの端に指を懸けてリモコンでロック解除ボタンを押し「ウイ」と音がすると同時に引き上げると、「ベリッ」と音がして防水パッキンとトランクフードが剥がれ、トランクが開きました。その後何度か開閉を繰り返しましたが、問題なく動作しています。つまりは、トランクフードと防水パッキンがあまりに強い力で固着していただけの話です。

2003,8.26 ---
こちらも他のオーナーさん(MY00)から頂いた報告ですが、やはりキーシリンダー絡みです。キーを切った後もカーナビの電源が落ちなくなるという症状で、キーシリンダの接触の問題でどこかが通電したままになっていたと思われます。キーシリンダの交換で完治され、部品代1150円、工賃7000円ということでした。キーシリンダの不具合に関するリコール対象は平成8年9月14日〜平成9年1月8日および平成9年2月1日〜平成9年6月26日に輸入された中の一部の車両ですが、今回のようにリコール対象外でも不具合が発生するケースがあり、他にも同じくリコール対象外にもかかわらず不具合が発生した例も聞いています。皆様ご注意下さい。

2004.1.10 7600km ドアを開けると同時にサイドウインドウが少し下がりますが、車に乗り込みドアを閉めてもサイドウインドウが上がりませんでした。エンジンを始動させると何事も無かったかのようにウインドウが上がりましたが、症状が発生したのはこの1回のみでした。PCによると、ごくまれにこの部分の制御系でエラーが出るそうです。基本的には大きな問題では無いそうですが、頻発するようであればセンサー類の交換が必要という事でした。

2004.4.18 8250km ライセンスプレート灯のカバーを塗装しようと一旦外してみたところ、端子が酸化していました。錆びやカビのようなものまで見られ、結構酷い状態です。自動車は過酷な環境で使われることが多いので、このような劣化は宿命ともいえます。紙やすりで錆びを落とし、カーボンダイアトニックを塗っておきました。

2004.5.5 8550km ブレーキ液量警告灯、ABS警告灯が点灯しました。エンジン停止後にこれらのチェックランプは消灯しています。自走式立体駐車場の下りがひどく混んでおり、完全にフットブレーキで停止する前にサイドブレーキを引いてしまい、その時にサイドブレーキを最後まで引っ張ることができずに車が動き出してしまい「あれ?」と感じました。その直後にチェックランプ点灯に気付いたのでおそらくこの時の違和感を感じた現象が原因と思われます。もう一度点灯するようなことがあればディーラーにてチェックを受けようと思いますが、それ以前に完全に停止するまでサイドブレーキは引かないように注意したいと思います。
*現場で再度検証を行ったところ、現場が3次元的に交差しているために、後輪が浮いて空転したために起きた現象でした。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SUPERTOYZ

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ポルシェ・ボクスターSの維持費/メンテナンス/トラブル

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.