>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>ポルシェ911カレラの維持費/メンテナンス/トラブル

ポルシェ911カレラ(997)のメンテナンスについて~ボディ編

更新日:

997-060904

基本は「年一回コーティング、そしてその1年間はシャンプー洗車のみ、自 分では磨かない」というものです。ぼくはけしてモノグサではありませんし、何でも自分でやってみたい性分なのですが、自分で施工して常に磨くよりも上記の 方法が一番ボディを美しく保てる(自宅では密閉され埃が入りにくい環境で作業することも難しく、どうしても傷がついてしまう)ので、コーティングは決まっ たお店(カービューティーMAXさん) にお願いすることにしています。



今回カレラではガラス系コーティング(アルファ21コーティング)を施工していただきましたが、従来のコーティングに比べ て傷や汚れがつきにくくて(飛び石傷がつきにくい)、しかも落ちやすく(静電気による埃も乗りにくいように思う)、しかも長持ちするように思います。

一般にはボディのみに気を取られがちですが塗装面以外にもホイール、タイヤ、ウインドウ、またヘッドライトやウインカー、バンパーと取り付け部にも汚れが 溜まりやすく、またモール部は紫外線に当たると劣化しやすくて、せっかくボディをきれいに仕上げても他の部分に手を掛けないと全体的に車が古ぼけて見える ことがあります。

逆に言えば、ある程度古い車であってもホイールや樹脂部、各継ぎ目などをきれいにしてやると見違えるように美しくなる場合があり,、車を 売却する際の査定に対しても有効な手段です。マックスさんはそういった目 に見えない部分や室内もきれいにしてくれるのでとても感謝しています。
そういえば、ぼくが以前乗っていたボクスターのリヤスクリーンはビニールでしたが、 マックスさんに磨きに出すたびにとんでもなくきれいになって戻ってきたのを思い出します。

::クオーツガラスコーティン グを施工(2007.5.20)::
今までの「アルファ21」よりも上のグレードである「クオーツガラスコーティング」。このコーティングはポルシェの塗装と非常に相性が良いそうで、さすが に素晴らしい輝きです。(MAXさんの) オーナーさんは「ポルシェを磨きたくてこの道に入った」というほどのツワモノですので、ポルシェはじめ車に対する愛情は並々ならぬものがあり、アンダーフ ロアやホイールの裏側、ウインドウ、そんなところまで一点の曇りも無く仕上げていただき感謝です。

汚れを取ってきれいに仕上げるためにはモールやエンブレ ムなど外せるものはいったん外してとことん磨き、とにかく車を丁寧に愛情を込めて扱う、といった印象が強いです。とにかくぼくは車を預けるのが好きではな いのですが、車を安心して預けることの出来る数少ない、貴重なショップでもあります。ちなみにポルシェセンターからの業務委託も受けておられるので、ポル シェ車の構造や塗装についても造詣が深いところも安心です。

997-max12 (1)

思えばMAXさんとは7年ほどのお付き合いになるわけですが、そ れまでぼくは、チョコチョコとコーティング施工をお願いするショップさんを替えていたのですね。

なぜならぼくの満足する仕上がりとはほど遠いばかりだった からです。そんなとき、ふとMAXさんの前を通りまして高級車ばかりを施工しておられる様子を見たのですが、その後もいつ通っても特殊っぽい車を扱われる ことが多く、「きっと腕が良いのだろう」と推測して車を預けたのがきっかけです。

そのときぼくがMAXさんに預けたのはコスモスブラックのBMW MINI Z3でした。コーティングのため車を数日預かっていただき、そして引き取り予定日は生憎の雨だったのですが、引き取り当日にMAXさんからお電話をいただいて「今日は引き取り予定日ですが、雨が降っているので日にちをずらしてはいかがでしょう」と提案を頂き、ぼくの予定に合わせてわざわざ定休日にお店を開 けてまで晴れの日に渡してくれたことが非常に嬉しく、またそれ以降はずっとMAXさん一本なので、そのときの仕上がりがどれほど美しかったか想像いただけると思います。

あれから何年か経ちましたが、使用する用品や技術の進歩とともに、MAXさんによるコーティングの輝きも増しているように思います。

ちなみにぼくは、色々なものを試したいタチですので、元来ひとつ のお店にずっと通う、ということは非常に希です。飲食店でもそれは同じで、よほど気に入らない限り二度と訪れません。食べることができる量には限りがある からで「ならばより多くの種類を食べよう」と思っていつも違うお店を探すのです。おかげで何件かは、いわゆる「お気に入り」のお店を見つけることが出来、 それは非常に幸福なことだと思っています。

自動車関係のショップさんでも、ぼくは出来る限り多くのお店を訪問しますし、車を購入するときもそれは同じで す。より多くのディーラーを訪問して、その中から自分に合うと思う1件を選ぶのです(もちろん「自分に合う」というのは100%主観です)。ぼくは 2007年にミニを購入しましたが、家から10分のところにMINIディーラーがあるのに、わざわざ片道1時間かかる他府県のMINIディーラーでミニを 購入したのもそういった理由です。

そのようなお店を見つけるのは非常に困難ですが、MAXさんはぼくにとって非常に重要で、他に替えることのできないお店 です。

997-coat0806-2

「コーティング」という認識は人それぞれだと思います。ぼくは、「車は汚れるもの」という認識であり、汚れることに対しては抵抗がありません。汚れたら洗 えば良いだけの話です。それでもなお、わざわざ汚れの目立ちやすいボディカラーやホイールを選ぶということは、その色の組み合わせにそれだけ固執してい る、ということでもあります。

なので洗った後のたとえ一瞬であっても、自分が選んだ色が完璧に美しい状態にあるのを眺めるためにその色を選んでいるとも言 えます。
そして、汚れがつきにくくその完璧な状態を少しでも長く維持でき、また簡単に回復できる手段がぼくにとってのコーティングであり、ぼくにとって コーティングはエアロパーツよりも満足度が高く優先すべきものであると言えます。黄色いボディ、黒いホイールはすごく汚れが目立ちますが、だからといって 「汚れが目立たない色にしよう」とはけして考えません。

そういった消極的な理由で車を選ぶことはしませんし、お金を払う以上は積極的な理由(何はさておき この色が好きだから)で車(の仕様)を選びます。リスクは承知で常に前向き、これがぼくの選択基準でもあります。クオーツガラスコーティングの仕上がり は、「よりクリアーで、よりソリッド」。
ヌルリとした輝きも好きですが、こうして透明感のある輝きを見ると、カレラの持つソリッドな印象に良く合っている と感じます。ぼくは、この磨きたてのリヤフェンダーが大好きです。

::コーティング(アルティメイト・プロ)施工(2008.6.8)::
おなじみMAXさんの最高峰コーティング「アルティメイト・プロ」を施工していただきました。2層コートだけあって、「被膜が厚い」印象がありますね。車 の色が濃くなって発色が良くなった印象もあります。
今回、まずもっとも注意を惹かれたのが「エッジ」。ポルシェ車全般的に、「丸い」という印象があるので すが、実際はけっこう「エッジ」があるのですよね。

こういった「エッジ」は塗装が乗りにくいですが(塗料が流れるので)、同様にコーティングも乗りにくい です。さらに、乗りにくいばかりか、磨くとせっかくエッジに乗ったコーティングがさらに薄くなってしまう(だからこそ、この部分はどのショップさんでも様 々な方法で対策するわけですが)わけで、しかし今回はエッジにもかなり厚い被膜があるのがわかり、エッジの輝きが非常に美しいのです。
この「エッジ」の輝きは、フロントバンパーのルーバーや、リヤフードのスリット部分も同様に感じることができ、第一印象でぼくが もっとも驚いた部分であります。

関連投稿

ポルシェ911(997)カレラのメンテナンス~コーティング後の洗車雑感

ポルシェ911カレラ(997)のトラブルについて

ポルシェ911(997)カレラのメンテナンス~車検とその費用について

ポルシェ911カレラ(997)のメンテナンスについて~内装編

ポルシェ911カレラ(997)のメンテナンスについて~ウインドウ編

ポルシェ911カレラ(997)のメンテナンスについて~タイヤ・樹脂パーツ編

ポルシェ911(997)カレラのトラブル~ABS/PSM故障

ポルシェ911カレラ(997)のメンテナンスについて~ホイール編

ポルシェ911カレラ(997)のメンテナンス〜慣らし運転について

ポルシェ911カレラ(997)〜メンテナンス・維持費について

ポルシェ911カレラ(997)のメンテナンスについて~洗車編

BBSも認めた。GRIOT’S GARAGE ホイールクリーナー

ポルシェ911(997)カレラのメンテナンス~ホイールバランス調整

ポルシェ911(997)のメンテナンス~コーティング4回目

洗車&拭き取りにはこれ。コネクト 洗車用クロス

洗車時間の短縮に。BLACK&DECKER ブロワーGWC1800L

内装にはこれ。IRIS / アイリスオーヤマ サイバークリーン

タイヤメーカーの発売するケミカル。ブリジストン タイヤワックス

小キズ落としに。GRIOT’S GARAGE ファインハンドポリッシュ

レザーシートの手入れに。GRIOT’S GARAGE レザーケア

GRIOT’S GARAGE ビニール&ラバー ドレッシング

GRIOT’S GARAGE スピードシャイン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SUPERTOYZ

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ポルシェ911カレラの維持費/メンテナンス/トラブル

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.