トップページ






>アウディTT関連

アウディTTのカスタム〜TTSルックドアミラーカバー

2017/07/28

p1

アウディ純正、TTSルックミラーカバー。TTのミラーカバーは「上だけ」や「被せるだけ」ではなく、ハウジング丸ごと交換する必要があります。そのためモーターなどもすべて入れ替える必要があるわけですね。部品だけ購入して自分で交換しようかと考えましたが、納車時にいろいろとディーラーさんにたのんだ事柄もあり、このミラーカバー装着も同時に行ってもらいました。

正直、ぼくはドアミラーには非常にこだわりがありまして、それは以前の997カレラでも2セット4パターンを保有していたことでもわかります。
TTの場合、ぼくの中でドアミラーが「ボディ同色」かそうでないか、によって大きな隔たりがあると認識しており、高価ではありますが「どうしても」装着したかったパーツです。
また、フューエルリッドも同じようなアルミルックですので、色的・質感的にも整合性が取れると考えています。そして、これにあわせていくつかのパーツをアルミルック化することも検討しています。

関連投稿:アウディTTのカスタム〜フロントエンブレムの塗装

p1

ずいぶん長いこと作業していなかったフロントエンブレム。
このまま「エンブレムレス」で過すわけにもゆかず、黒に塗装しました。

p2-1

純正エンブレムはメッキ処理されていますので、このメッキへサンドペーパーをかけ、塗料の乗りを良くしてからプライマー>サフェーサー>上塗り。

p3

今回は金銭的理由と、さほど美しさを求められる部分では無い、というところから上塗りクリア(ウレタン)は見送っています。

p4

仕上げはホイールと同じ、半艶消しです。

関連投稿:アウディTTのカスタム〜デイライトの光量アップ(コーディング)

p3

具体的には今までの92%から99%へ。

p2-1

信号停車時など前の車に映りこむ光がより強くなっているので、7%といえどもかなり明るくなっているようですね。
作業はリバイズさんにて。

関連投稿:アウディTTのカスタム〜OSIRチンスポイラー(カーボン製)の取付け

p1

やっと届いた、OSIRのチンスポイラー。
純正と比較すると、TT(Sラインバンパー)にあわせた意匠になっているのがよくわかります。

p2-1

カーボン製でグロス仕上げとなっており、重量は純正と比較して(手持ちの感覚ですが)ちょっと軽いように思います。

p3

アグレッシブな形状ですが、純正に比べると天地方向の立体感が欠けており、「薄っぺらい」印象を受けないでもありません。
こちらは交換後。

p4

こちらは交換前ですね。
こうやって見ると実際に取り付けてみると、それなりに印象は変わるもので、純正だと尖っている部分が無く上下方向の厚みもあるので「丸っこい」印象です。

p5

このOSIRのチンスポイラーは純正バンパー左右の出っ張りに合わせてデザインされていますので、見た目はこちらのほうが「しっくり」来るのではないかと考えています。

p6

ただ、ぼくのTTはどこにもカーボンが(このほかに)ありませんので、素材感的にはミスマッチで、できればマットクリア仕上げもしくはハイパーシルバー仕上げであればもっとマッチングが良かったかもしれない、と思ます。
もしくはドアミラーにカーボンを使用すれば良かったかもですね。

p7

注意点としては、取り付け箇所が純正の「4点」から、OSIRでは「2点」となり強度的には不安が生じる点ですね(取り付け時に対策済み)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アウディTT関連
-, , ,