トップページ






>ランボルギーニ・ウラカン

ランボルギーニ・ウラカン写真蔵(2016/1)天保山・工場にて

2016/09/05

ランボルギーニ・ウラカンLP610-4の撮影を天保山近辺で行ってきました。
天保山を少し南に下ったところにある工場(壁が高くあまり工場ということがわからない)、そしておなじみナナガン(第七岸壁)。

ナナガンの岸壁で撮影したかったのですが、すでに先客がたくさんいて、それがスポーツカーのオフ会だったようでウラカンはかなり注目を浴びてしまい、車から恥ずかしくて出ることができずにちょっと奥の方の倉庫で撮影を行っています。
そのぶんひっそりとしていてゆっくり撮影できたので、これはこれでオーケーですね。

今回は俯瞰してみたり、ドアやフードを開けてみたり、と今までにない角度や状態での撮影もあります。
サイドのラッピングはうまく定着せずに剥がしてしまったので、ラッピングは今のところフロントバンパーのみ。
レンズには標準(ズーム)のほか単焦点、広角、魚眼を使用しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ・ウラカン