トップページ






>中国

中国・上海で宿泊したホテル「ロイヤル・メリディアン」について

2017/09/23

DSC03604

上海で宿泊したホテル、「ロイヤル・メリディアン」。
いつもはパシフィック・ホテルを利用するのですが今回はちょっといいホテルですね。

ロビーを除くとホテルの廊下、部屋ともにかなり明るいのが特徴。
使用している壁紙や大理石、ウッド類もかなり明るい色調で統一されています。
このあたり重厚な雰囲気のパシフィック・ホテルやペニンシュラ香港とはまた別の味わいがありますね。

そして上海にはよくあるのですが、なぜかバスルームがガラス張りになっており部屋からバスルームを見ることができるように。
もちろん多くはブラインドやロールスクリーンがついていますが、中国のほかの地域(天津や広州など)ではあまり見ない仕様です。

ロイヤル・メリディアンは外から見ると総ガラス張りの建物ですが、部屋から見た窓面積も最大と言えるもので、かなり見晴らしがよくなっています。
今回宿泊したのは43階なのですが、上海では今問題となっている大気汚染の関係か、煙ったように見えることが多いですね。

DSC03867

こちらは夜。
霧のような、もやのようなものに光がぼんやり反射しています。

こちらは比較的晴れた日。
日によってかなり視界が異なります。

晴れた日の夜。
夜はさほど変化がないようですね。

DSC044058

その他の日など。
やはりかすんで見えることがほとんどです。

DSC033868

DSC044064

ホテルの外観。
近代的な雰囲気ですね。
ホテルの格というのはサービスもそうですが、「音」も大きな要素を占めると考えていて、周囲や隣の部屋の防音はもちろんですが、水道やトイレの音、エレベーターの音、冷蔵庫の音、エアコンの音などが良いホテルはしっかり抑えられているようです。
その点、このロイヤルメリディアンはかなり静かで過ごしやすいですね。

加えて、水圧やお湯の温度が安定しているかどうか(日本だとまず問題はないのですが、これは欧米でも同じ問題を抱える)も良いホテルかどうかの一つの基準だと言えます。

DSC03943

DSC04068

ロビーなど。
ホテルのフロントは上層階にあり(1Fからフロントまではショッピングセンターになっている)、まずはエレベーターに乗ってフロントのある階(L)へ。
そこから客室専用のエレベーターに乗り換えて自分の部屋へ行きますが、階層ごと(たとえば22~27階など)にエレベーターが分かれており、たくさんエレベーターがあっても自分の部屋に行くエレベーターがなかなか来なかったりします。

これがけっこう面倒で、いったん部屋に入ってしまうとちょっとした用件ので外出が面倒。
外部の不審者侵入対策もあるのかもしれませんが、ホテルの中で消費させようという側面もあるのかもしれませんね。

関連投稿

中国・上海を訪問。まずは空港到着から市内まで地下鉄で移動

ステーキもアリ。中国・上海にてピザハット(必勝客)へ行ってみる

中国・上海のスーパーカーディーラー通りに行ってきた

高層ビルとローカルな街並みが同居。上海の夜の街並み

かなり派手。欧風建築が映える中国・上海の夜景(南京東路)

中国・上海にて創業1878年の老舗レストラン、徳興館を訪問してみる

中国・上海の自動車事情。ポルシェ、フェラーリなどハイパフォーマンスカー編

上海・人民広場前「ラッフルズ(来福士)シティ」について

上海随一のハイソな地域。スーパーカーもやってくる「新天地」へ行く

中国・上海で宿泊のホテル、金門大酒店(パシフィック・ホテル)について

中国・上海にて加工肉を購入してみる

中国・上海にて味千ラーメンを訪問してみる

中国・上海の街並み(南京東路〜南京西路付近)について

中国・上海で見かけた面白いもの。アップルストア、蟻人、白雪姫

中国・上海のブランドショップ。エルメス、カルティエ、グッチなど

中国・上海での朝食。小龍包とデニッシュ風食パン

上海・新天地の様子。「俺のイタリアン/フレンチ」も出店

上海でリニアモーターカーに乗ってみる。時速300キロオーバー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->中国
-, , ,