>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/18

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

>中国

中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、1926年建設の「金門大酒店」

2018/5/23

| 上海の常宿、金門大酒店はこんな感じ | さて、上海に来るといつも利用するホテル、「ジン ジャン パシフィック ホテル上海/上海金門大酒店/Jin Jiang Pacific Hotel Shanghai」。 ほかにもいくつか高級ホテルも含めて泊まったことがあるものの、ここが一番落ち着くと考えています(理由はわからない)。 場所は人民広場前、地下鉄駅「人民広場」徒歩数分、繁華街の南京東路、南京西路にも歩いて行けるという立地で至極便利。 こちらもオススメ、関連投稿 中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には ...

ReadMore

>中国

関空から上海へ。厳しくなった入国審査、そしてリニアモーターカーに乗って市内へ向かう

2018/9/3

| 上海へ行ってきた。関空からリニアモーターカーまで | さて上海へ。 出発地は関西国際空港、目的地は上海浦東国際空港となります。 利用する航空会社は中国東方航空で、所要時間は1時間40分くらい。 大阪から東京へ行くよりも、関空から上海へ行く方がずいぶん近いというのはちょっと不思議な感覚ですね。 こちらもオススメ、関連投稿 上海でリニアモーターカーに乗ってみる。時速300キロオーバー 中国・上海を訪問。まずは空港到着から市内まで地下鉄で移動 上海市内から空港へ。空港内プレミアムラウンジを利用してみる 中国 ...

ReadMore

>ミニ関連 ●自動車関連ニュース・ネタなど

車高は下げればいいってもんじゃない。ローダウンについて考える

投稿日:

a0013382_2028461

車高について。ぼくはミニの車高を落としていなかったのですが、それには理由があって、車高を落とすことによってイマイチなルックスになることを懸念しているわけです。通常は車高を落とすと見栄えが向上しますが、ミニのようにフロントウインドウが立っている車の場合、必ずしもセオリー通りにはゆかないことも事実。



ミニの場合、外観をひとつの「塊」として捉えるよりは、ボディの下半分と、ウインドウより上で構成される「上半分」という2つのセクションから成る、と考えた方が良さそうです。

つまり、横から見た時で言えば、全高をAとすれば上半分がB、下半分がC、ということですね。要するに車高を落とすということは、Cを圧縮することであり、言いかえれば、それはAに対するBの比率を上昇させること、ということになります。なので、極度に車高を落としたミニを見ると、ボディの上半分つまり「B」がポッコリと盛り上がって見えて、なんだか思ったように恰好良くならないなあ、と感じることがあると思うのですよね。

実際に車高を落とすと、高さだけではなく、見た目のマスも減りますので、BとCが分離して見える角度、つまりボンネットが目に入らない角度以外では、同様の印象を受けることになります。そんなわけでぼくはミニの車高を落とさないわけです。

では、どうすれば純正状態に比べてルックスを向上させることができるのか?ぼくの意見としましては、タイヤを可能な限り外に出す、ということに尽きると思います。ミニはオーバーフェンダー風の樹脂アーチが装備されていますので、これと一体化したような、サイドウオールがゴツくてデザイン性の高い、16インチあたりのタイヤを組み合わせると「踏ん張った」感じがして良いんじゃないか、と思うのですよね。
扁平タイヤでリムガードが装備されていたりするとフェンダーとのクリアランスがより気になりますので、やはり16インチあたりがベターでしょう。
それでもやはりフェンダーとのクリアランスが気になる場合は、許容範囲内でタイヤ直径を大きくし、大きくした分は車高を下げる、つまりホイールアーチのクリアランスは減るけれど、全高「A」は変わらない、つまりABCの比率は保ったまま、とういうのが良いのではないか、と考えているわけです。

ミニはデザイン上きわめて特殊な部類であり、上に述べたように一般的なセオリーが当てはまらない車であります。
BとCとの差異が少ない、ということ、ウインドウが極端に立っていることがその大きな理由かと思います。同様に昔のセダンなどで極端に車高を落とした場合、同様の現象が起きると認識していますが、それでもセダンの場合は全長が長いのでまだミニよりは「ポッコリ感」が少ないのですよね(ミニ同様の2ボックス形状を持つSUVにおける「リフトアップ」は逆の発想と考えられます)。
そう考えると、ミニは純正の状態でも非常にバランスが取れており、なんとなくいじればいじるほどそのバランスが失われてゆくことが痛感できる車であります。

メーカーにもよりますが、現代ではデザイン技術が非常に発達し、昔に比べると、デザイナーの地位・立場も向上しており、自動車全体を設計する際においても、その影響力が大きくなっています。
また、それを実現するためのシミュレーション技術や製造技術も発展していますので、「デザイナーが頭の中で考えたもの」により近い状態の市販車を作ることが可能になっていると思うのですよね。だからこそ、純正の状態をまず理解する必要がありますし、そこには(昔に比べると)デザイン的必然性の介在する範囲が大きく、デザイナーの意図をくみ取るべきではないか、とぼくは考えるのです。

とりあえず車高を落としてエアロ組めば恰好良くなるはず、というのはあまりに短絡的であ直接的で、先時代的でもあります。そして、その上で、自分のオリジナリティというものを車に加えるべきであり、ショップがすすめるから、とかみんながやってるから、という理由でステレオタイプな改造をすべきではない、とも考えるのです。改造するために車を買うわけではありませんし、その車が好きで購入しているわけですので、その車のことを考えてあげて、その車に合う、もしくは自分がもっともその車に合うと考える(もしくは足りないと考える)個性を付与するのが、車との良い関係ではないか、と思うのですよね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ミニ関連, ●自動車関連ニュース・ネタなど

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.