>ポルシェ・ボクスターSのカスタム(内装・外装)

BBSホイール用ポルシェクレストつきセンターホイールキャップを作ってみる

LINEで送る
Pocket

a0051152_811870

ここで懐かしいネタをひとつ。問い合わせが多いためUPしておきます。

まずは純正カラークレスト入りセンターキャップとクレスト部分を分離。いくつか種類がありますが、接着剤で装着されているもの、カシメにより装着されているものとがあります。その後、BBS付属のセンターキャップもBBSロゴの入ったパーツと台座部分とを分離させます。奥の金色のセンターキャップはテストで塗ってみたもの。ここでは関係ないので無視してください。

さて、ここからが情熱のみせどころ。タミヤのプラ板にクレストをあわせ。Pカッターでクレスト形状に切り抜きます。昔はやったガムの要領ですね。ホイールのディスク面とツライチにするため、またクレストとこのキャップ表面をツライチにするため何枚か作ります。そして、後にこのプラ板を貼りあわせてキャップを作成するわけですね。クレストと表面がツライチになるよう、ホイールに装着した時にホイールディスクとツライチになるよう、慎重に枚数をあわせます。エッジ部分は落としておくと(ラウンド加工)、ソレっぽく見えるようになります。

a0051152_8111727

上で造ったモノとBBS付属のセンターキャップ台座部分とを合体させます。両面テープとバスコークとの接着によるハイブリッド構造です。バスコークは耐候性、接着性共に抜群です。車など過酷な環境にあるモノへの使用には、最適だとぼくは考え、「絶対に取れてはいけないモノ」の接着に使います。ただし乾燥後も弾力性があるので、場所によってはサイレックス、エポキシ系など使い分けます。さらに塗装してできあがり。塗装前に表面は慣らしておき、サフを吹いておくと良いですね。

a0051152_8174018

装着した状態。微妙に色合わせに失敗したこと、せっかくツライチに造ったのに両面テープの厚さを勘定に入れるのを忘れて両面テープの厚み分だけハミ出てしまっているのが愛嬌ですが、4輪分造るのにはそれなりの情熱が必要です。ちなみにホイールはボクスター専用の「RR=ダブルアール」。エンジの効いたスポークが特徴で、3色の中からディスクのカラーを選ぶことが可能でした。現在このセンターキャップはぼくの手元を離れ、第二の人生を送っています。

a0051152_8194538

※方々で量産化の話もありましたが、今のところ量産の予定はありません。

->ポルシェ・ボクスターSのカスタム(内装・外装)