●ファッションや小物、ガジェット系

オーデマピゲ・ロイヤルオーク・オフショアクロノの購入を考える

LINEで送る
Pocket

a0013382_8212288

さて、オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク・オフショアクロノですが、なかなか在庫がないですね。
これは関東も同じであるようで、各ショップのページからも在庫が減っています。
実際にショップへ聞いてみると、最近になって流通が極端に減ったのはオーデマ・ピゲとカルティエ。

カルティエも良いですが、すでにパシャ・メリディアンを保有しており、そして現在のカルティエはちょっとぼくにはエレガントすぎる(カリブル ドゥ カルティエやバロンブルーなど)ということもあり、今回は検討対象外。

a0013382_8213073

やはりオフショア・クロノしかない、という感じですが、どうやら取り寄せしかなさそうです。
オフショア・クロノは最近になりずいぶんバリエーションを拡大しており、もとの42ミリケースから、最近では44ミリ(プッシュボタンのところが大きく、これがかさばって44ミリ?)もありますね。
正直なところ欲しいのは44ミリのチタンかカーボンですが、予算的にキツいので今回は見送り。
ガヤルドのホイールとサイドウイングを購入しなければ余裕でカーボンやゴールドも狙えたのですが、ぼくにとってガヤルドは最優先事項なので、選択に後悔はありません。

a0013382_8214454

ステンレスケースのみで検討することになりますが、それでもけっこうバリエーションがあります。
現在は黒ダイアルと白ダイアル、そしてそれぞれにスモールダイアルが反転しているもの、白ダイアルにブルーのスモールダイアル、というモデルがあります(一部はディスコンですが、店頭在庫は存在する)。
白ダイアルであっても、文字が黒のもの、夜光(白)のもの、などかなりのバリエーションが。
さらにはベゼルがラバー、ステンレスとあり、かなり選択がなやましいところ。

ぼく的には黒ダイアルが好みで、スモールダイアル反転型が好ましいと考えています(いわゆるパンダ)。
ベゼルはラバーでもOKなのですが、オーデマ・ピゲの素晴らしいステンレスの仕上げを考えると、ステンレスベゼルも捨てがたいところ。
しかしラバーベゼル採用モデルは時計の中でのコントラストが程よく、時計自体が引き締まった印象ですし、ラバーのつや消し感がなかなかナイス。

ストラップについては、やはりラバーが良いですね。
時計において、意外と難しいのは「ストラップのデザイン」だとぼくは考えていて、これがうまいメーカーというのは数少ないと思います。
たとえばルイ・ヴィトンのタンブールはぼくが好きなシリーズのひとつですが、これはメタルブレスとの相性がよろしくないのですね。
デイトナもメタルブレスよりはレザーブレスのほうが好みであり、もしデイトナにラバーブレスがあれば、今回ここまでは迷わなかったと思います。
逆にカルティエ・パシャはスチールブレスとの相性が非常に良いですね。ブライトリングも同様です。
オーデマ・ピゲもメタル/ラバーで時計の印象が変わりますが、ぼくの普段の格好からすると、やはりラバーが程よく軽い印象で似合うのではと考えています。

そうなると「ラバーブレス+ラバーベゼル+黒ダイアルに反転スモールダイアル」となり、ずいぶんモデルが絞られて来るのですが、ひとつ問題があって、ラバーベゼルは比較的傷みやすい、ということ。
いくつか店頭にユーズドが置いてあるのを見たことがありますが、この部分の傷みが激しく(もともと時計が厚いので、よくぶつけることが想定される)、傷んでしまうと時計として非常に格好悪いのですね。

そしてもうひとつ重要なのは、「自分に似合うかどうか」。
ブランドが似合うかどうかではなくて、単にルックス的にマッチするかどうか、ということです。
時計を選ぶ基準は人様々ですが、ぼくはやはり自分に似合うかどうか、を機能よりも重視します。
ムーブメントがどうの、という選び方では「時計中心」になってしまい、しかし時計は実際に身に付けるものなので、それを身につけるとどうなるか、ということを軽んじることは出来ない、と思うのです。
なので、店頭で購入する際は、できれば全身が映る鏡で、時計を試着した状態を確認するようにしています。

ラバーブレスで有名なのはウブロですが、ウブロは最近フェラーリとパートナーシップを結んだので、ランボルギーニ乗りとしてやや悩むところがあり(ぼくはそういったところを気にする)、今回は見送りです。

a0013382_83298

逆にランボルギーニとパートナーシップを結ぶのは、現在「最古」の時計メゾンであるブランパンですが、ブランパンの製品はどれもイマイチぼくの好みに合わず、これも見送りです。
日本ではあまり見かけませんか、「ランボルギーニ・ガヤルド・スーパートロフェオ」シリーズが開催される上海では、よくこのシリーズとコラボしたブランパンの時計が売られています。
文字盤のインデックスがスーパートロフェオ・シリーズのゼッケンと同じフォントになっていて、ケースもカーボンのガヤルド風のものを採用していますね。

その他選択肢含め、いろいろと検討してみようと思います。

-●ファッションや小物、ガジェット系