●コラム/近況

なぜ広告には白人が起用されるのか。日本人の容姿コンプレックスを考える

LINEで送る
Pocket

b8

TVや街中ではたくさんの広告を見ることができます。車や、家電や、携帯電話、化粧品、衣類、食料品など。日本ではそういった広告に日本人ではなく欧米人を起用することが多いです。
欧米人はルックス的にイケてますので、欧米人が宣伝している広告を見ると、自分も欧米人モデルのように「イケテる存在」になれるのでは、と錯覚させることが狙いだと思われますね。
日本人は現実逃避を好み、そういった「生活感を感じさせない」演出は有効かと思われます。

しかしながら、タイでは事情が少し異なります。
それら広告のモデルは、タイ人が多いのですね。もちろんタイ人とはいってもかなりイケテるモデルを起用しているので、広告自体はなかなかに格好良いです。以前、日本の自動車メーカーがタイでのTVCMに白人を起用したところ、「なぜタイ人を対象としたコマーシャルに白人を使うのか。タイ人をバカにしているのか」と反発が持ち上がり、該当CMは即刻放映中止になった、ということがありました。

先日、世界各国の人を対象としたアンケート結果では「日本人女性が最も自身の容姿に対してコンプレックスを持っている」という結果が出ていましたが、日本人全体にそういった傾向があり、しかしタイ人は自分たちの国や容姿には自信というか誇りを持っている、ということなのでしょうね。そう考えると日本人は自分の容姿を愛せないために自分の国を愛せないのかもしれません。

-●コラム/近況