>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

>中国

中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、1926年建設の「金門大酒店」

2018/5/23

| 上海の常宿、金門大酒店はこんな感じ | さて、上海に来るといつも利用するホテル、「ジン ジャン パシフィック ホテル上海/上海金門大酒店/Jin Jiang Pacific Hotel Shanghai」。 ほかにもいくつか高級ホテルも含めて泊まったことがあるものの、ここが一番落ち着くと考えています(理由はわからない)。 場所は人民広場前、地下鉄駅「人民広場」徒歩数分、繁華街の南京東路、南京西路にも歩いて行けるという立地で至極便利。 こちらもオススメ、関連投稿 中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には ...

ReadMore

>ポルシェ911カレラの仕様/インプレッション/近況 ●コラム/近況 >ミニ関連 ●自動車関連ニュース・ネタなど

車の撮影スポット(関西)について考える

更新日:

a0051152_20351593

撮影スポットについて。
昼間だと、今のところぼくは天保山の岸壁(ナナガン)がお気に入りです。あの寂れた、とんでもなくサビサビの雰囲気と美しいポルシェとのコントラストが非常にナイスだと思うのです。コンテナとポルシェを並べるのも良いですよね。倉庫街の錆びた扉などは雰囲気があって良いです。ときどき船が停泊していますが、それもまたナイスです。寝転がって写真を撮れるようにブランケット(ぼくはナマイキにウールリッチを使用)、膝をたてたときに衣類が汚れないように下に敷くタオル(けっこうアスファルトにオイルが染みこんでいることも多い)は必須装備ですね。予備レンズを持ち運ぶための小さめのショルダーもしくはウエストポーチ(現地入りしてから使用する分です。基本セットは大きなバッグに入れています)があると便利ですね。また、上からも写真を撮れるような脚立もあると便利です。



他では船場などは比較的道が広くてビルも美しく、きれいな写真が撮れますね。木陰がボディに映り込むのも大好きです。とくに御堂筋はブランドストリートと化していますので、なかなかに良い絵が撮れます。黄色いテントが目印のフェリージ前もいいですね。

a0051152_2037539

こっちは堀江。アーバンリサーチ前です。これは標準レンズで普通に撮っただけ、無加工の、まさに「普通の写真」。ぼくはこういった写真よりも印象的な写真が好きなわけで、印象的な写真とは何か、というと、ぼくにとってのそれは「肉眼で見えるのとは異なる映り方をした写真」を指します。肉眼で見るのとは異なる風景、それはフィッシュアイを使った湾曲した風景であったり、ワイドレンズを使用した肉眼よりも広い風景であります。また肉眼では見えない色、コントラスト、動きを表現したもの、そういった写真も「印象に残る写真」です。ちなみに堀江のショップは平屋が多く、車の車高と風景がマッチします。個人的意見ではありますが、大きな建物の前で車の写真を撮ると、その建物が「壁」にしか見えないことがあります。なので、建物と車のバランスを気にするわけです。他では鬼門は電柱やガードレール。これらも写真を雑多に見せますね。人工あたり自転車保有台数がナンバーワンと言われる大阪だけあって、自転車がどこにでもあるのも厳しいところ。車よりも小さな人工物が入ると、見た目にはあまりよろしくない写真になることが多いようです。

a0051152_20353291

ぼくは画像の加工が大好きでして、撮った画像を「焼き込んだ」風に加工するのが大好きです。その他だと、ジオラマ風に加工して車をプラモデルのように見せるのも比較的気に入っている手法です。画像の四隅をわざと暗くして、ロシアのピンホールカメラで撮ったような雰囲気を演出するのも好きです。白黒にしてコントラストを強めるのも気に入っています。ジオラマ風に加工するときは一定の色を強く出し、一定の色を抑えますが、これは大気中の成分を擬似的に除去する(距離感を無くす=近くで見ているように錯覚させる)わけです。つまり、大気中には「チリ」のようなものがあり、季節によってはそれらが増えます。晴れているのに、遠くの景色がどこか白く濁っているように見える現象がそれですが夏は白く空気が煙ることが多く、撮影に向くのは10月~3月ころだと思います(とうぜん地域により差があります)。

市街地の撮影だと、開店前にデバって行くしかありませんが、要望があれば開催したいと思います。その他で考えているのは、「ワインディングを走る車を流し撮りするオフ」。自分で自分の車が走っている車を撮影することはできませんので複数で出かけて行き、一定場所にカメラマンを配置し、走る自分の車を流し撮りで撮影してもらいます。車雑誌で良く見かける、車は止まっているように見えるけれど景色は流れているアレです。箕面だと山の中に駐車場があり、そういった撮影が可能なスポットがあるので、交代で撮影などすれば面白いんじゃないか、と考えたりします。生駒も良いですが、一方通行のところもあるので、走っていった車が戻ってこれない場合があるのが難点です。そういった流し撮りした画像にイニシャルDフォントで「ゴッシャアァァァ」などと効果音を書き入れて遊ぶのも面白いわけです。

神戸の旧居留地も良いのですが、建物があまりに大きく、車のサイズと建物のサイズが合わない(車にあわすと建物の一部しか入らず背景がわからない)ことがありますね。昼間の撮影において、できればぼくは青い空を入れたいですし、白い雲がある方が距離感が出て良いと思います。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ911カレラの仕様/インプレッション/近況, ●コラム/近況, >ミニ関連, ●自動車関連ニュース・ネタなど

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.