●コラム/近況

相変わらずジムに通い続けている件

2016/07/12

LINEで送る
Pocket

DSC02314

相変わらずジムに通っているわけですが、自分でもよく続くものだなあ、と感心します。1年4ヶ月ほどの間ですが(このジムのオープン当初から通っています)、この間に途中で見かけなくなった人、新しく入ってきた人、はたまた当初からずっと通い続けている人、様々です。

ぼくはジムの中では全く人と話さないので、彼ら(彼女ら)がジムにやってきている目的はわかりません。ある人は単純に運動不足解消のためでしょうし、またある人はただ単にジムでダベるために来ているかもしれません。
特定部位を鍛えたい人も居るでしょうし、マッスルボディ造りに余念がない人も居るでしょう。ぼくは日ごろ仕事では動くことがないので、運動不足解消のためにジムに来ています。ジムでもそれほど激しい運動をしているわけではないのですが、実際のところかなり体型が変わったと思います。

地域柄欧米人も多いのですが、ヤツラはやはりパワーが違う、と思うこともあります。背筋を鍛えるマシンでぼくがいつも使うウエイトは37kgです。先日入会したて、「ファイト・クラブ」風に言うと「ヤワヤワのプヨプヨ」な白人がそのマシンを使っていて、そして彼は白人にしてはかなり小柄でした。どう見てもぼくよりもパワーは無さそうでしたが、彼が使っていたウエイトは67kgでした。ぼくにはとうてい67kgのウエイトを動かす力は無く(背中に67kgの人間を乗せて上体のみを起こすようなものです)、日本人的な感覚を元に、その体型から体力を目測するととんでもない過ちを起こしそうです。欧州サッカーなどを見ていても、あきらかにタマのスピードが違いますものね。

そういえばぼくは50m走においては小学校、中学校通して校内最速でしたが、ロンドンのブリクストン(なつかしいSOUL II SOULのクラブに行った帰りだった)というところで黒人に追いかけられ、アッサリと追いつかれてしまって「こいつら人間じゃねえ」と世界の壁を感じたことがあります。

-●コラム/近況