●映画、音楽、書籍など

ブレイブ・ストーリー

LINEで送る
Pocket

a0013382_12503197

ご存知2006年にアニメ映画化された宮部みゆきの代表作とも言える長編小説。
一度は読まねば、と思いながらやっと最近になって読む機会が訪れました。

ストーリーとしてはごく単純。

小学生の主人公ワタルは両親の離別という、突然我が身に降りかかった災難に対して強いストレスを感じ、自己崩壊の危機にまで追い込まれます。
時を同じくして同じ小学校に転校して来た「ミツル」。美しい容貌とクールな立ち振る舞いを持ちながらも、彼もまた堪え難い運命のいたずらに翻弄される、という過去を持っています。
過去を変えたい、そして未来を変えたい、と強く願うミツルは10年に一度のみ開くという異世界「ヴィジョン」への扉をくぐり、そこにいる女神に自分の運命を変えてもらうために旅立つことに。
ひょんなことからミツルを助けたワタルもまた、自分の運命を変えたいと願う一人で、ミツルは「借り」を返す為にワタルにも「ヴィジョン」への旅を手助けします。

そこでワタルは様々な仲間を見つけ、助け合い、世の中の不条理に腹を立てながらも困難を乗り越えて成長してゆく、というものです。

ありがちな「冒険もの」ではあるのですが、宮部みゆき独特の軽妙な文体、そして複雑に交差する伏線の巧妙さもあって、1000ページを超える長編ながらも飽きること無く、テンションを高く保ったまま読み続けることができます。

この手の話は、だいたい正義や勇気、仲間との助け合いなど「陳腐な」内容に終止しがちなのですが、「ブレイブ・ストーリー」では人間の浅ましさ,恐ろしさもしっかりと描いているわけですね。
たとえば「差別」という現実があるとして。
その差別を作り出した司祭を打ち倒してしまえば通常は「めでたしめだたし」なわけです。
ですが、本編では差別は人間の根本にあるもので、宗教とはそれを引き出しただけにすぎず、根幹を断ったとしても差別をなくすことはできない、結局差別や憎しみ、羨望、恐怖というものは人それぞれの心の中にあるものだ、ということを改めて知らされることになります。

そういった、小学生にとってはあまりに「残酷」な現実がワタルに突きつけられ、ワタルは常に選択を迫られ、何かを犠牲にせねばならないのです。

また、色々な「対比」も用いられており、自然発生的に生まれた”自発的な”自警団「ハイランダー」、権力がそれを維持する為に組織した「騎士団」。真実を映す鏡と、人の魂を吸い取ってしまう「闇」の鏡。
仲間を大切にするワタルと、自分の望みさえ叶うのであれば、人の命はおろか、世界すらどうなっても構わないと考えるミツル。

そして、そもそも物語を構成する「現世」ともう一つの世界「ヴィジョン」。
しかしながらそれらは決して「相反」するものではなく、「裏と表」であるということがひとつのキーなわけですね。

単なる冒険と成長の物語ではなく、森羅万象は必ず何かの犠牲の上に成り立っているということを、主人公ワタルだけではなく、ぼくらも改めて気づかされることになります。
そしてぼくらは、常に何かを変えたいと願いながらも、日々の生活に押しつぶされそうになってそこから抜け出すこともできずにいる場合が大半だと思いますが、何かを変えることができないのは、何かを犠牲にする勇気が無いからだということも、痛いほど思い知らされます。

先に述べた通りかなり長い物語ですが、それでも読み終えるのが惜しくなるほどの魅力がある、素晴らしい物語です。

-●映画、音楽、書籍など