●その他自動車関係(アメ車その他)

フォードF-150ストリート・トラック、若者の車離れについて考える

LINEで送る
Pocket

a0013382_181026

フォードがSEMAに出展した「F-150 Vaughn Gittin Jr. street truck」。
すでにトヨタも出展車両を一部公開していますが、アメリカらしいカラーリングや形状のものが多いですね。
このフォードの車両も「いかにも」という感じですが、マットっぽいグレーと蛍光色との組み合わせがナイスです。

マットグレーや迷彩柄と蛍光色(グリーンやイエローが良さそう)との組み合わせは非常にイケテルと思うのですが、日本でもこのあたりのカスタムが流行れば面白いのに、と思います。

FJクルーザーなど予想外のヒットを記録する車両や、スズキ・ハスラーのように「(いい意味で)おもちゃっぽい」車の人気も高く、もうちょっと各メーカーともそういったテイストの「道具感のある」車両など開発してほしいなあ、と思ったりします。

現代において車はライフスタイルの一部で、車そのものを選ぶよりもライフスタイルや趣味に合った車を「道具」として選ぶ傾向があるように思います。
そして日本人は道具にはこだわる傾向があり、現在はアウトドアブームですので、アウトドア用品のようなレッド、ブルー、グリーン、ピンク、パープルなど明るい色を使った道具っぽい車があれば、もしかすると「若者の車離れ(実際はほしい車が無いだけだと思う)」へのなんらかのカウンターになるかもしれない、と思ったりします。

-●その他自動車関係(アメ車その他)