●自動車関連ニュース・ネタなど

新車購入と中古車購入のメリット/デメリットについて考える

2016/08/26

LINEで送る
Pocket

a0013382_7534389

車を購入する時、新車と中古車という購入形態があるわけですね。
そして、それぞれにメリットとデメリットがあります。

新車の場合、メリットとしては自由に仕様を決めることができることが最大のメリットかと思います。とくにポルシェなど、エアコン噴出し口やヘッドライトウォッシャーノズル、カギの色まで選べるような車であれば、そのメリットは大きいですね。
支払いについても新車から残価設定ローンを組めば中古車よりも有利な場合がありますし、ときどき出てくる低金利キャンペーンを利用すればさらに月々の支払いを抑える事も。

さらには保証もありますし、なにか問題があった際も、新車購入の場合が優遇されるケースがあります。
何よりも新車を買った、という精神的充足度が高いと(貧乏臭い)ぼくは考えています。
デメリットとしてはその金額の(諸費用含めた)高さ、売却時の値落ち幅。

中古だと、まず価格というメリットがありますね。
車は新車登録した時にガクンと値落ちしますので、中古車として購入し売却するときはあまり値落ちが無い場合があります。
また、中古価格は基本的に車両金額をベースにしており、よほどの人気オプション以外はさほど販売価格に上乗せされませんので、オプション分「お得」で買える場合があります。
販売価格はボディカラーによっても大きく左右されますので、色にこだわらずその車自体の魅力を重視するのであれば、不人気カラーをあえて狙うのもひとつの手ですね。
程度は千差万別ですが、ディーラーのデモカー落ちなどは狙い目かと思います。
支払いについては車両本体の価格が安いので月々の支払金額が安くなりますが、ディーラー購入でなければ残価設定ローンが使えない場合があったり、金利が高い場合もあります。なのでよく計算すると新車と比べてさほどメリットがなかった、ということも時折ありますね。
とくに人気の高いミニの場合は、高年式の中古を高金利で買ってしまうと非常に苦しくなったりします。
そして気になるのは、購入した後に、購入前には気づかなかった些細な傷などが見つかった場合。中古車は現状渡しのケースも多く、あとからのクレームは受けてくれないこともありますので、そうなると一気に愛着が薄れてしまうこともあります。
「中古だから仕方が無いか」と思いながら乗るのもなんとなく車に失礼ですし、それを避けるには購入前の徹底チェックが必要かもですね。

いずれも車の人気不人気、所有期間、乗り方、車の状態に大きく左右されますので、あくまでもぼくの場合、ということです。

-●自動車関連ニュース・ネタなど