●その他自動車関係(アメ車その他)

けっこうイケる。バギースタイルのダッジ・チャレンジャーA/T Untamed Concept

LINEで送る
Pocket

a0013382_20327100

北米ではSUVやバギーがけっこう人気のように思うのですが、意外とアメ車をそのままリフトアップしてSUVに仕立てる、つまりアウディのオールロードシリーズ、ビートルとビートルデューンのようなオフロードバージョンはあまり無いように思います(勝手にそういった改造をしている人が多い割に)。

今回発表されたDodge Challenger A/T Untamed Conceptはその珍しい例ですが、けっこうイケてますね。
アメ車はひととおりレトロデザイン、ハイパワーバージョンの復活などの手法が試されており、もしかするとこれは「(商業上の)次の一手」になるかもしれません。
メーカー純正のリフトアップ、メーカー純正のスポコン、など今まではユーザーが行っていたことをメーカー純正にて行ってくる可能性もあり、そうなると非常に面白いことになる、と考えます。

アウディ、VWの場合はボディもオフロード風の加飾を施すことが多いですが、このチャレンジャーはそれが最小限で、「カスタムカー」風にサクっと仕上がっているところも面白いですね。

なお、アメ車の国内でのディーラー数は減少しており、逆に欧州車ディーラーはその数を増やしています。
アメリカ側はこれ(日本でアメ車が売れていない現状)については「日本の努力が足りない、日本がアメ車を売ろうとしない」という捕らえ方をしていますが、ディーラーの数と販売台数とはタマゴとニワトリのようなもので、やはり買える拠点がないと販売台数を伸ばすのは難しい(わざわざ買いに出向く一定のマニアまでにしか売れない)と思います。

-●その他自動車関係(アメ車その他)