>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

●バイク関連

ホンダPCX(JF56)のインプレッション。なかなかに優れたバイク

投稿日:

a0013382_1936593

ホンダPCX(JF56)について、しばらく使用した印象など記載してみます。
現在はまだ所有期間が2ヶ月ほどで、しかも納車された後にほとんど雨ばかりで乗れておらず、走行距離は200キロ止まり。
燃費はだいたい50km/L前後で、これは驚異的と言えますね。
以前に乗っていたヤマハ・マジェスティ、スズキ・スカイウェイブがだいたいリッターあたり25~27キロであったことを考えると、排気量の差があるとはいえかなり優秀です。



PCXはほかの125から150ccあたりのスクーターに比べ、「燃費偏重型」とも言え、そのためにタイヤの接地面積が小さく、バイパスなど走行時に強風にあおられるとかなり不安を感じます。
ただしカーブでのスタビリティは低いわけではなく、想像していたよりもクイックに、かつ安定したコーナリングを見せますね。
サスペンションのストローク確保(ヤマハ・マジェスティSのようなモノクロス・サスペンションではなくオーソドックスな2本支持方式なので)、ほかスクーターに比べての大径タイヤ装備、その上でのトランク容量確保という点では重心が高くなってしまっているようにも思われ、重心を下げて安定感を増す意味でもローダウンサスペンション、ローダウンシートを装着するとずいぶん乗たっときの安定や安心が増すかもしれません(それでもよく考えられており、シート高はマジェスティSよりも低い)。

a0013382_1936971

乗り心地については、比較的振動を伝えるものですが(構造が原付の域を出ていない)、アイドリングストップのおかげで停止時にはエンジンの不快な振動を感じることはほぼありません。
なお、アイドリングストップは頻繁に作動します。
PCX前モデルではバッテリーの電圧に関係なくアイドリングストップする設定であったようでバッテリー上がりなどがあったと聞きますが、JF56になってからは電圧監視がアイドリングストップのロジックに加わり、電圧が低いときはアイドリングストップしないようになりました。
なお、アイドリングストップは手元のスイッチボックスでOFFにもできます。

サスペンションについては、ストロークが長く良く動きますが、突き上げが強くしなやかさに欠け、ここはあまり満足していません。
これは前後とも同じで、おそらくはダンパーの性質によるものと思われ、ある程度距離を走って馴染まなければサスペンションを交換することも考えています。

なお、灯火類はすべてLED。
ハンドル周りもメッキのカバーで覆われ、比較的高級感があります。
その意味では灯火類やハンドル周りに不満を抱くことは少なく、購入後の改造費用については抑えることができる、またはその分の費用をほかに回すことが出来そうですね。

出力についてはとくに不満はありませんが(思ったよりも力強く、4輪と一緒の走行でも流れには付いてゆける)、上り坂になるとトルクの細さが露呈し、ある程度の回転数以上でないと思ったようには加速しません。
ただし純正マフラー装着の場合はトルク重視設定ということもありマフラー内での背圧を高くとっており、高回転の伸びを犠牲にするかわり、中低速での扱いやすさが向上しています。

a0013382_1936739

LEDヘッドライトの明るさは申し分なく、その透明感のある青っぽい光は、停車時など前に停まった車のリヤに反射したときなど、満足感を得ることが出来ると思います。
なお、発光面積が広く、デザイン上はフロントのマスが大きいので、先行するバイクや車にとっては「実際よりも大きな」排気量のバイクに見えるようで、ゆっくり走っていても道を譲られる、路肩を開けられることがよくあります。

以上はざっとした印象ですが、PCXはホンダのまじめなもの造りが見える良いバイクだと思います。
前期モデルもうまく消費者の用途や心理に対応していましたが、そこで出ていた不満な点(バッテリーやシートオープン時のシート保持)を見事につぶし、美点であるシート/フューエルリッドオープナー、シートの低さ、スタイリング、低燃費などはそのままに、ライバルに優位に立てるようにLEDヘッドライト、電源アウトレットなどの先進装備を身につけており、ホンダがどれだけマーケティングに力を注いだかがよく分かるスクーターですね。

なお、なかなかなれないのはスターター。
アイドリングストップを装備しているのでエンジン始動時に振動など発生しないように設計されているのだと思いますが、最初にエンジンをスタートさせるときも非常におとなしく始動します。
今まで乗ってきたバイクのようにズドン!と気持ちよく始動しないので、そこは気分がイマイチ盛り上がりません。
この始動時のおとなしさには非常に驚きました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●バイク関連

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.