トップページ






●バイク関連

もったいなくて被れない、ROOFのヘルメット「BOXER」

a0013382_1732181

フランスはROOF社のフルフェイス・ヘルメット「BOXER」。

独特のデザインですが、フロントのあご部分(チンガード)がフリップアップします。
ヘルメット自体はかなり小振りで、ここをフリップアップさせないとかぶることができないほど(日本メーカー製品との比較で2サイズは上を購入する必要あり)。

ただし被ってしまうとスマートに見え、ショウエイやアライなど国産のヘルメットよりも相当に小さく見えます。
まさに顔を包み込むという感じで、チンガードをオープンさせて被り、その後にチンガードを閉じることで完全に顎まで包み込む、というイメージですね。
顎下の露出も小さく、フィット感や安心感も非常に大きいと感じます。
当然ヘルメットを脱ぐ際は同じようにチンガードを上げないと脱ぐことができません。

a0013382_17322426

いわゆるファイタータイプに属するヘルメットですが、デザイン的にも他のメーカーに見られないものですね。
なお、チンガードは230度の回転が可能で、完全に後頭部まで回ります。

見た目のインパクトが非常に大きいですが、奇抜なだけではなく実用性・機能性も相当に高いレベルにあると感じます。
一見すると珍妙ですが、身に着けるとなぜか外観・装着感ともにしっくりくる、という(アパレル含め)欧州製品特有の面白さを持つヘルメットですね。

デザイン性が高く、オブジェとしても面白いので、被るのがもったいなくなるヘルメットでもあります(そのため全然かぶってない)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●バイク関連