●バイク関連

ホンダPCXのハンドル周りカスタム(バーエンドキャップなど)

LINEで送る
Pocket

a0013382_1147474

ホンダPCX( JF56)のカスタム続行中。
とりあえずハンドル周りですが、純正のままではけっこう出っ張りのあるバーエンドキャップが装着されており、車幅をとるのでこれは社外品の小さなものへ交換します。

まずは純正部品を外しますが、これはけっこう硬く締め付けられており、外すのはけっこうな力が必要。
なお、純正のボルトはゆるみ止め加工が施されたもので、外れないのもナルホド、と思います。
取り外したバーエンドはウエイトの役目も果たしており、かなり重量がありますが、これはステアリングを安定させる役割の他、振動を抑える(PCXは割と振動が大きい)目的もあるのだと思います。

a0013382_11484340

バーエンドを外した後は中空ではなくて、純正のバーエンドを取り付けるための部品が埋め込まれており、これまた社外品を取り付けるのが難しい状態。

a0013382_11494844

取り付けるとこんなイメージですが、とりあえず純正のハンドルバー内パーツを使用する必要があり、通常の「ねじ込むと膨らむ」部品を使用しての取り付けは不可能。
そんなわけで、手持ちの6ミリサイズのステンレス製キャップボルトを使用してサクっと取り付け(ハンドルバーよりもグリップが外に出ており、そのまま取り付けるとグリップとバーエンドが干渉するので、3ミリのスペーサーを噛ませています)。
ボルトが出っ張っていますが、それはキャップの破損防止と考えればまあ我慢できる範囲です。

a0013382_11523493

なお、車幅を狭くするほうひとつの手段として、ブレーキレバーを少し中央へ寄せています(両側とも)。
ブレーキレバーはかなり出っ張っているので、これで少しでも実際の車幅を減らせることになりますね。
バーエンドキャップの装着とブレーキレバーの移動により、左右あわせて4センチくらいは幅が狭くなったか?と考えています。
a0013382_11541810.jpg

なお、驚いたことにグリップは左右とも移動不可能。
スイッチボックスを外して移動させても、ハンドルバーに設けられた溝に嵌らないと固定できないようになっており、角度や左右の位置も必然的に決まります。

-●バイク関連