>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ ●その他自動車関係(欧州車)

VWアウディグループのプラットフォーム抗争について(ポルシェ派とアウディ派)

投稿日:

a0051152_75911100

VWアウディグループ内でちょっとしたイザコザが、という内容をUPしましたが、それについて考えてみたいと思います。

将来的にはグループ内のスポーツカー(のプラットフォーム)はすべてポルシェが設計する、という流れにはなっているようです。

ただ、ポルシェとアウディは少し設計思想がことなるところがあるのですね。
たとえばアウディは早々にオールアルミフレームに踏み切ったメーカーで、そこにブランドのひとつの核があります。
一方ポルシェは、「スチールにも可能性がある」として、設計技術によって薄肉化にもかかわらず強度を向上させながらの軽量性追求や、高張力スチールの使用による強度向上を目指しています(年々アルミの使用率は上がっていますが、基本はスチール)。



となると、ポルシェは今まで手をつけてこなかったアルミ製プラットフォーム、そしてFF(TT向け)のプラットフォームの設計も行うことになりますよね。
そうなればアウディは今までのノウハウを捨てることにもなりかねませんし、仮にTTがスチールに「逆戻り」するようなことがあれば、いかに性能が向上したとして、それはブランド的にどうか、と考えるわけです。

もうひとつ、ランボルギーニ(アヴェンタドール後継やウラカン後継)、そしてアウディR8のようなスーパーカーカテゴリにおいてはどうするのか、という疑問もあります。

ポルシェは918スパイダーを持っており、新たなるスーパーカーも発売するとされています。
あたらしいスーパーカーがランボルギーニ・ウラカン、そしてアウディR8とプラットフォームを共有するのか、はたまたポルシェの新設計によるプラットフォームを使用し、ウラカンの後継モデルとアウディRの次の次のモデルがそれを追う形で同じプラットフォームを採用するのかは今のところ不明。

もしそうなると、ウラカンの後継は「ポルシェ設計によるプラットフォーム」を採用するということになります。
ランボルギーニはボーイング、名古屋の大学などと共同し、カーボンに対しては多大な投資を行っており、これを新たなコア・バリューとして位置づけようとしています。

もちろんポルシェも918スパイダーではカーボンを使用するなど、カーボンに関するノウハウはあるわけですが、ここでランボルギーニとは対立が起きるわけですね。
ランボルギーニは今までスーパーカーのみを製造しており、そのノウハウがありますが、それをポルシェのものに置き換える、というのはブランドとしての存在意義を問われることにもなります。

ぼく的には「ポルシェが基本設計を行ったランボルギーニ」に対しては非常に複雑な感情を持っています。
どちらも非常に魅力を感じるブランドで、ポルシェの設計技術は世界最高レベルであることは十分認識しているのですが、それでもランボルギーニは「聖域」でもあり、そこへ踏み込むのはどのようなブランドであっても許されないのではないか、と思うのですね。

a0051152_7592732

ただ、グループとしてランボルギーニとポルシェが似たようなミドシップスポーツカーを別々に設計するというのは非常に非効率的になり、ここは困ったところなのだとは思います。
現実的には、ウラカン後継とR8の次次期モデルは「ポルシェ設計」になる可能性が高い、とは考えています。

現時点でもルームランプやミラー、ペダルなどランボルギーニとアウディは共有していますが、これが将来ポルシェとも共有されることは明白ですね(ブガッティ・ヴェイロンとアウディTTはドアミラーを共有)。

2012 Porsche 911 (991) Carrera S

2012 Porsche 911 (991) Carrera S

SUVについてですが、これはカイエンの販売状況、マカンのヒットを考えても、おそらくポルシェが主導権を握るのではと考えています。
ポルシェはベントレーととくに意見が一致しているようであり、グループの中でもっとも利益率の高いポルシェ、2番めに利益の高いベントレーが手を組んだとすると、これは無敵だと思うのですね(実際のところ、ポルシェとベントレーはVWアウディの設計するSUVプラットフォームには欠点があると指摘している)。

また、SUVは剛性の関係上アルミ化するのが難しいと考えられ、スチールに強いポルシェにとっても本領が発揮できる分野だと考えています。

a0051152_81102

つまり、ベントレーやランボルギーニ、アウディのSUVも、今後はずっと「ポルシェの設計による」プラットフォーム(MSB含む)を使用するのではないかということです。
なお、グループ内SUVの生産においてはVWの工場で行うようで(ランボルギーニもここで行うと報じられている)、今後は「ポルシェの工場」「アウディの工場」「VWの工場」という垣根が崩れ、VWアウディグループの工場として全てが機能するようになり、スポーツカーであればこの工場、セダンはこの工場、SUVはこの工場、というように分かれる可能性もありますね。
つまり同じラインでランボルギーニやアウディやポルシェが作られる、ということです。
それはそれで効率的なのですが、工場の生産キャパシティを超える受注があった場合はどのブランドを優先するかでは問題が起きそうですね。

単価の高いものを優先するのか、利益率の高いものを優先するのか、記録がかかっているブランドを優先するのか、ライバルに勝つ必要があるブランドを優先するのか。
このあたり、グループトップの舵取りが必要になりそうですが、どれを優先しても遺恨は残りそうです。

セダンにおいてもスポーツカー同様の問題があり、スチールに強いポルシェ、アルミフレームにこだわるアウディとの間で一悶着ありそうですね。

a0051152_811435

ポルシェの場合はコストにこだわりスチールを使用するのではなく、「スチールのほうが良いから」という理由でスチールを使用していると思われます。
その裏付けとして、裏から見ると、アルミやマグネシウム等高価な素材が惜しみなく使用され、サブフレーム等剛性向上パーツがやたらと使用されています。
つまり適材適所という考え方で自動車トータルを見ていると思われますが(必要な部分にはアルミを使うがそうでない部分には使わない。スチールは強度向上の観点から必要)、アウディの場合は一番重いフレームをアルミにしてドカンと重量を落としてしまおう、という方向性ですね。

なお、ポルシェは通常目に見えるところはけっこうチープだったりするのですが(特に内装)、裏から見ると異常にお金がかかっていることがわかり、「この作りでこの金額はバーゲンなんじゃないか」と思えたりするのですね。
なので、ぼくはポルシェはひっくりかえして展示したほうがいいんじゃないか、と常々考えています(もしくはリフトアップするとか)。

逆に、内外装は非常に高級であっても、裏面を見ると(新車でも)錆だらけであったりとか、スチールの安っぽいパーツを使用していたり、というブランドもあります。

話を戻しますが、ポルシェとアウディ両者の間には相容れない考え方があると思われ、そしてそれはブランドの根幹に関わる部分ですので、いかんともしがたいところかも知れません。

a0051152_8111430

ただ、グループ内におけるポルシェの発言力は今後どんどん強くなってゆくと思われ、実質的にVWアウディグループがポルシェに支配されるようになるのでは、とも考えています。
とくに更迭されてしまったデュラハイマー氏(ポルシェの技術部最高責任者→ブガッティ・ベントレーのCEO→アウディCEO→e-tron開発遅れで更迭)が発言力を強め、ポルシェに再び入ったりすると間違いなくアウディはポルシェに押される形になると考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ関連・ニュース・ネタ, >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ, ●その他自動車関係(欧州車)

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.