>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂魚涌( ...

ReadMore

>中国

中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、1926年建設の「金門大酒店」

2018/5/23

| 上海の常宿、金門大酒店はこんな感じ | さて、上海に来るといつも利用するホテル、「ジン ジャン パシフィック ホテル上海/上海金門大酒店/Jin Jiang Pacific Hotel Shanghai」。 ほかにもいくつか高級ホテルも含めて泊まったことがあるものの、ここが一番落ち着くと考えています(理由はわからない)。 場所は人民広場前、地下鉄駅「人民広場」徒歩数分、繁華街の南京東路、南京西路にも歩いて行けるという立地で至極便利。 こちらもオススメ、関連投稿中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には” ...

ReadMore

>中国

関空から上海へ。厳しくなった入国審査、そしてリニアモーターカーに乗って市内へ向かう

2018/9/3

| 上海へ行ってきた。関空からリニアモーターカーまで | さて上海へ。 出発地は関西国際空港、目的地は上海浦東国際空港となります。 利用する航空会社は中国東方航空で、所要時間は1時間40分くらい。 大阪から東京へ行くよりも、関空から上海へ行く方がずいぶん近いというのはちょっと不思議な感覚ですね。 こちらもオススメ、関連投稿上海でリニアモーターカーに乗ってみる。時速300キロオーバー中国・上海を訪問。まずは空港到着から市内まで地下鉄で移動上海市内から空港へ。空港内プレミアムラウンジを利用してみる中国・上海で ...

ReadMore

>BMW i3

BMW i3の撮影敢行。おなじみナナガン(天保山第七岸壁)にて写真を撮ってみた

2017/6/4

BMW i3の撮影のため大阪の自動車撮影スポットとして有名なナナガン(大阪・天保山、第七岸壁)へ。 ここでは以前にランボルギーニ・ウラカンの撮影を行なっていますが、今回はi3の撮影ということに。 相変わらず多くの人が撮影に訪れており、今日はトヨタ・プリウス、ホンダ・オデッセイの一団が見られたほか、多くのスポーツカーやカスタムカーが集合しています。 関連投稿 ランボルギーニ・ウラカン撮影。ナナガンにて夕暮れ時を狙って写真を撮ってみた こちらもオススメ、関連投稿BMWが8年連続で東京マラソンのスポンサーに。ペ ...

ReadMore

>香港

香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる

2017/5/30

さて、香港の観光名所として有名なビクトリアピーク。 ここは通常「ピークトラム」と呼ばれる電車で登るのですが、時間帯や曜日によってはかなりな行列ができるのがちょっとした難点。 そこで「実は歩いて登れる」ということを知り、徒歩で登ってみることに。 こちらもオススメ、関連投稿香港へ行ってきた。銅鑼湾(コーズウェイ・ベイ)の様子を画像で紹介「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂魚涌(香港)へ香港へ行ってきた。セントラルにあるオシャレ地域、SOHOやランカイフォンへ行く香港・セントラル( ...

ReadMore

>香港 ●食べ物やグルメ関係

香港の老舗レストラン、蘭芳園(LAN FONG YUEN)へ。とりあえず出前一丁は必食

2017/5/30

さて、香港の老舗レストラン、蘭芳園(LAN FONG YUEN)へ。 レストランとは言っても「定食屋」「ファミレス」のノリで、低価格メニューのオンパレード。 サンドイッチやパン、麺類などがあり、ドリンクとセットになっているものも。 場所は地下鉄「セントラル(中環)」D1出口を出て同じみヒルサイドエスカレーターに乗って山の方向へ登ってゆきます。 こちらもオススメ、関連投稿おそらく世界で最も安い星付きレストランか。香港ミシュラン紀行~沾仔記(ワンタンメン)香港食い道楽編。エビワンタン、小籠包などローカルフード ...

ReadMore

>香港 ●映画、音楽、書籍など

「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂魚涌(香港)へ

2017/5/30

香港の「クオーリー・ベイ(クォーリーベイ、鰂魚涌 )」にあるマンションを見に。 ここは映画「トランスフォーマー/ロストエイジ」や「ゴースト・イン・ザ・シェル」のロケ地としても有名で、三方をマンションに囲まれた独特の視界が特徴。 こちらもオススメ、関連投稿香港へ行ってきた。銅鑼湾(コーズウェイ・ベイ)の様子を画像で紹介香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる香港へ行ってきた。セントラルにあるオシャレ地域、SOHOやランカイフォンへ行く香港・セントラル(中環)の風景を ...

ReadMore

>香港 ●食べ物やグルメ関係

香港の夜景を一望できるルーフトップバー「TOTT'S&ルーフテラス」へ行ってきた

2017/5/25

さて、香港エクセルシオールホテルのルーフトップバー「TOTT'S&ルーフテラス」へ。 ホテルの34階に位置し、けっこう夜景が美しいことで有名です。 ホテルの1Fからエレベーターに乗って上がりますが、TOTT'S専用の直通エレベーターがあるので、それに乗ってそのままTOTT'Sへ。 こちらもオススメ、関連投稿香港はランカイフォンにあるゴードン・ラムゼイのレストラン「BREAD STREET KITCHEN&BAR」に行く香港は竹園海鮮飯店へ。定番のフカヒレ、香港スイーツを食してみるシェフ史上最高の年収を誇る ...

ReadMore

>香港 ●ファッションや小物、ガジェット系

香港へ行ってきた。香港新旧の感じられるチムサアチョイを画像で紹介

2017/5/23

さて香港へ。 香港へ来ると必ずやって来る、チムサアチョイ(尖沙咀)周辺を紹介してみたいと思います。 この近辺は広東ロードなどブランド街の並ぶ近代的なエリア、そしてメインストリートとなるネイザン・ロード、そしてちょっと奥に入ったあたりのローカルな街並みなど様々な表情を見せてくれる地域。 こちらもオススメ、関連投稿香港へ行ってきた。(ジョーダン~チムサーチョイほか)香港・銅羅湾の様子を画像で紹介。NBA関連イベントにて等身大マイケル・ジョーダンも登場香港ハーバーシティはこうなっている。レーンクロフォード、LC ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ ●その他自動車関係(欧州車)

自動車ブランド買収によるマルチブランド化について考える

更新日:

a0051152_7222494

買収によって自動車ブランドの再編が進みますが、VWアウディグループが積極的に買収を行い多数のブランドを保有しているのに対し、メルセデスはあまり買収を行っていないようです(乗用車部門という意味で)。

AMGの吸収や、最近ではアストン・マーティンへの投資が話題になったことはありますが、基本的に「メルセデス・ベンツ一本」ですね。

VWアウディグループは最近ドゥカティも買収し、合計12ブランドにまで拡大しています。
下はシュコダ(安い。エントリー)から普及価格帯のフォルクスワーゲン、その上のプレミアムブランドであるアウディ、スポーツカーブランドのポルシェ、グループのイメージを牽引するブガッティ、ベントレー、ランボルギーニを擁します。

このマルチブランド戦略が奏功しており、リーマンショック以降でも営業赤字を出さずにコンスタントに成長を続けています。
とくに中国で現地法人と合弁を設立し中国での販売を伸ばしたことが大きいと考えられ、欧米での販売減少をここで補った形ですね。

中国はいずれ成長が鈍化すると思われますが、それでもプレミアムブランドを抱えているために収益は高いレベルを維持できると考えられ、世界規模で考えると「非常に強い」企業だと言えます。

また、開発費を各ブランドで分担できることも大きなメリットで、ランボルギーニ・ウラカンのアルミフレームはアウディ、もしかするとポルシェ(988)でも使用することができ、コストが大幅に下がるわけです。
ランボルギーニ単体でこれを開発・製造するとなると、年間でおよそ1500台程度しか販売できないと思われ、1台あたりの負担が相当に大きくなります。
ですがアウディやポルシェとこれを分担することで、このコストを大きく引き下げることができるわけです(なお、フェラーリは年間7,000台くらい)。

スーパーカーはもともと市場が小さく、販売台数が限られているので、いい製品を作ったとしても市場規模を拡大できる/創出できるわけではなく、しかし開発にお金をかけないと魅力が失われてしまうわけです。

そしてもうひとつマルチブランドの利点が、グループ内での売買ではないか、と思うのですね。
現在、VWアウディグループのデザインの要は「ジウジアーロ」で、これはVWアウディグループが買収したものの、ランボルギーニが保有しています。

ランボルギーニはグループのデザイン請け負ってその報酬を受取り、アウディはウラカンのアルミフレームを製造してランボルギーニに販売する、ということができるわけです。
将来的にはURUSの製造をVWアウディアウディグループで行ったり、ランボルギーニが投資しているカーボン関連工場の製品をグループに販売することもあるかもしれません。

a0051152_8105358

グループ内の売買によって「他から買わずにすむ」ために比較的安価での部品調達が可能になり、販売する方も「販売先が確保されている」ために営業活動など余分な時間とコストを掛ける必要がなくなります。

巨大グループならではのシナジー効果ですが、かなり効率的と言えますが、問題もあります。
それはブランド間での喰い合いがあること、明確な差異を出さないとマルチブランドの意味が無いこと。
現在、シュコダとVWはオーバーラップする部分もあるようです。
もちろんVWアウデイもそれはわかっていて、シュコダのある市場にはVWの特定車種を投入しないなどの戦略があるようですね。
また、VWとアウディの関係が近いためか、「アウディはVWの高級版」という捉えられ方をしている風潮もあり、VWとアウディの明確な差異というのも必要になります。

高価格帯ではランボルギーニ・ウラカン(以前ではガヤルド)とアウディR8との類似性がありますが、これは両ブランドの特性が離れすぎているのでさほど話題には上がらないようですね。
ただしガヤルドとR8は基本構造とエンジン、トランスミッションが同じということもあり、次世代のR8では、同じ世代での兄弟となるウラカンと差別化が図られる可能性もあります。
特定市場(中国ですが)では大排気量に課される税金が高いということで、中国重視のアウディはR8の拡販のためにもR8に小排気量ターボを積むかもしれません。

現在開発中とされる「ポルシェ988」もウラカン、ランボルギーニの兄弟車となりそうですが、こちらは「フラット8(フラット4×2)」を積むことで、もしかしたらハイブリッド化することで差別化を行うのではないかと考えています。
現在のポルシェのコア・バリューは「ハイブリッド」「フラット4+ターボ」で、これは918スパイダー、ル・マンに参戦した919ハイブリッドにも代表され、ここでポルシェはたとえウラカン、R8と同じプラットフォームを使用していても「紛れもないポルシェ」であることをアピール可能となるわけです。

そういった意味では、VWアウディは非常に上手に各ブランドを使用して相乗効果を上げていると言えますね。

なお、BMWもあまり買収を行わないブランドですが、過去にはスーパーカーを作る技術を得るためにランボルギーニに投資したり(それでM1を作った)、SUvを作るためにレンジローバーを買収したり(これでX5を開発)ということがありますが、いずれもBMW本体というかBMWブランドのためですね。

例外はミニとロールス・ロイスですが、他のブランドに食指を動かすという話はあまり聞きません。
ミニ、ロールスともに収益力の高いブランドと思われ、ブランドビジネスの価値を理解しているはずですが、やはりBMW、ブランドを強力に押し上げてゆくことがトッププライオリティなのだと思います(集中と選択ということを考えると他に投資するよりもBMW本体に投資)。

「伝統はないが金はある」インドのタタはジャガー・ランドローバーを買収して成功を収めていますし、もしかすると今後はお金のある中国企業が欧米の伝統あるブランドを買収し中国メーカー化する可能性もありそうです(そういった話もよく聞きますが)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ関連・ニュース・ネタ, >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ, ●その他自動車関係(欧州車)

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.