●その他自動車関係(欧州車)

メルセデス・ベンツGクラスの仕様が一部変更。内外装がグレードアップ

2017/02/06

LINEで送る
Pocket

img_0b22e946bdcc1832b74409912ab0a03b92417

メルセデス・ベンツGクラスが仕様変更。
比較的細かい仕様変更が頻繁にあり、今まででも数え切れないほどの仕様変更を受け、それによって中古相場もかなり差異があるのがGクラス。
何度か中古での購入を検討していますが、なかなか購入に踏み切れないのも事実です。
そうこう言っている間に新型Gクラスが登場しそうですね。

以下、web CGより。

今回の仕様変更では、インフォテインメントシステムの改良と、内外装のブラッシュアップが行われた。全モデルに標準装備されるインフォテインメントシステム「COMANDシステム」は、8インチのディスプレイが備えられ、パーキングアシストリアビューカメラは、後退時にガイドラインが表示されるようになった。また、Apple社の「Apple CarPlay」とGoogle社の「Android Auto」に対応しており、オーディオ、テレビのほか、ビデオやハンズフリー通話、インターネット接続などが行える。エクステリアでは、足まわりをスポーティーかつ精悍(せいかん)に演出する「ブラックホイール」を採用した(「G350d」を除く)ほか、「AMG G63」と「AMG G65」にはボディーサイドにカーボンファイバーデザインストリップを装備している。一方インテリアでは、ナッパレザーを使用した「ツートーンダッシュボード」がAMG G65に標準装備とされた(AMG G63にはオプション設定)。ラインナップと価格は以下の通り。
G350d:1080万円
G550:1530万円
AMG G63:1971万円
AMG G65:3564万円

関連投稿
新型メルセデス・ベンツGクラスがオーストリアで2台目撃。生産はオーストリアか?(動画あり)
すべてがカッチリ。硬派なメルセデス・ベンツGクラス、G550に試乗する
ある意味究極か。メルセデス・ベンツGクラスの中古車購入を考える

-●その他自動車関係(欧州車)
-,