●その他自動車関係(日本車)

マツダが新色「ソウルレッドクリスタルメタリック」開発。新型車CX-5から順次採用

2016/11/17

LINEで送る
Pocket

1120495

マツダがこれまで採用していた「ソウルレッド・プレミアムメタリック」の上を行く新ボディカラー、「ソウルレッドクリスタルメタリック」を開発。
これは本日発表された新型車「CX-5」にまず採用され、その後順次採用を拡大する、とのこと。

ソウルレッドプレミアムメタリックに比べて彩度が約2割、深みで約5割増加しており、透明感のある発色の良いレッドとなりそうです。
クリア層、透過層、反射層の三層構成ながら(レクサスはもっと層が厚い)も顔料の発色を良くすることで輝きを実現しているようですね。
なお従来のアルミフレーク層に対し、光を吸収する「光吸収フレーク」が新たに採用されており、これによって塗装の深みが増している模様。

おそらくは追加ではなくソウルレッドプレミアムレッドに置き換えられてゆくものと見られますが、オプション価格については不明です。

関連投稿
マツダが新型CX-5公開。CX-3のスポーティーさ、CX-9の高級さを備えた意欲作



-●その他自動車関係(日本車)
-, , ,