●その他自動車関係(日本車)

マツダが東京オートサロンにカスタムされたCX-3/CX-5を展示。シックな大人仕様

LINEで送る
Pocket

マツダが東京オートサロンにCX-3、そして発表されたばかりのCX-5のカスタム車両を展示予定。
フロントリップ、サイドステップ、リアバンパー、ドアミラー、ホイール等変更内容は小さいように見えますが、逆に上品な仕上がりともいえますね。
なおボディカラーはロードスターRFにて採用された「マシーングレー」ではないかと思われます。

CX-5のほうはさらに車高ダウン、室内ではアルミペダル、イルミ付きスカッフプレート、ブラックペイントのブレーキキャリパーが装備としてクレジットされています。

マツダは現在非常に人気の高いブランドで、加えて「マニア受けする」ブランド。
そのためコアなファンも多く、スバル同様、自分の車に対する思い入れが強いユーザーがたくさんいそうですね。

ただ、ぼくが思うのは「その割に(マツダ純正の)カスタム系オプションが少ない」ということで、たとえば最近発表されたトヨタC-HRはモデリスタ、トヨタ本体、TRDなど数多くの選択肢があり(C-HRに限ったことではなく、プリウスやアルファード/ヴェルファイアも同じですが)、それはそれでファンにとっては嬉しいことなんじゃないかと考えたり。

もちろんトヨタの場合は「販売台数が多い」のでそれらオプションの開発コストを早期にペイすることが可能という状況があるために豊富なオプションを用意できるのだと思いますが、マツダももうちょっとオプションを増やせば(オプション販売で)利益を稼げるのに、と考えたりします(台数が先か、オプションが先かの選択になりそうですが)。

-●その他自動車関係(日本車)
-, , , ,