●コラム/近況

年末年始はちょっと苦手。特別なことをせずにいつも通り暮らしたい件

2017/01/05

LINEで送る
Pocket

ぼくは年末年始がちょっと苦手。
年末のお決まりに挨拶「良いお年を」や、新年の挨拶「明けましておめでとうございます、今年もよろしく云々」というのが面倒というか苦手なんですよね。
そういった挨拶をしなくても特に人間関係に変化はなく、年は明けるわけで、しかしかしこまって会う人会う人に同じ挨拶をするのがやはり億劫。

加えて言うならばぼくは祭りごとも嫌いで、とにかく「平穏に日常を過ごしたい」わけです。
さらにぼくは「人と同じ時に同じことをするのが嫌い」ときているので、お盆や正月、クリスマスなど「右へ倣え」的な社会的風潮も非常に苦手。

要は天の邪鬼と言えますが、年末年始の挨拶は避けて通るのが難しく、ぼくにとってそれは非常に大きなストレスであるとも言えます。

なお「初詣」も奇妙な習慣と言え、本当に神様にお願いをするのであれば「年に一度」ではなく日頃から神に敬意を払うべきですし、こういった形式的な習慣については子供の頃からいつも疑問を感じているわけですね。

-●コラム/近況
-, , , ,