●その他自動車関係(欧州車)

マセラティ・クワトロポルテがフェイスリフト。より押し出しが強くなり内装は近代化

2017/01/19

LINEで送る
Pocket

マセラティがクワトロポルテをフェイスリフト。
フロントグリルが「アルフィエリ」風となり、レヴァンテ同様に押しの強いルックスとなっています。
同時に前後バンパー形状も一新され、ダイナミックで躍動感あふれるデザインに。

機能面だとグリル内部にエアシャッターを儲けることでエンジン温度の調節と空気抵抗の軽減を図っているとのことですが、このエアシャッターは最近多くの車で採用されてきている装備ですね(北米仕様のホンダCR-Vにも採用)。

内装だと8.4インチサイズのタッチ式ディスプレイを装備し、これに伴いセンターコンソール形状も変更されているそうです。

その他オプションではアダプティブ・クルーズ・コントロール、レーンデパーチャーワーニングをまとめたパッケージを用意するなど一気に近代化しているほか、インテリア・トリム・オプションとして「グラン・ルッソ」と「グラン・スポーツ」を用意。
これらはラグジュアリー性とスポーツ性を強調しているとのことで、「新しいトリム戦略を反映」とのこと。
このトリムは今後他モデルにも反映されるかもしれませんね。

プレスリリースはこちら

-●その他自動車関係(欧州車)
-, ,