>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/18

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

>中国

中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、1926年建設の「金門大酒店」

2018/5/23

| 上海の常宿、金門大酒店はこんな感じ | さて、上海に来るといつも利用するホテル、「ジン ジャン パシフィック ホテル上海/上海金門大酒店/Jin Jiang Pacific Hotel Shanghai」。 ほかにもいくつか高級ホテルも含めて泊まったことがあるものの、ここが一番落ち着くと考えています(理由はわからない)。 場所は人民広場前、地下鉄駅「人民広場」徒歩数分、繁華街の南京東路、南京西路にも歩いて行けるという立地で至極便利。 こちらもオススメ、関連投稿 中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には ...

ReadMore

>中国

関空から上海へ。厳しくなった入国審査、そしてリニアモーターカーに乗って市内へ向かう

2018/9/3

| 上海へ行ってきた。関空からリニアモーターカーまで | さて上海へ。 出発地は関西国際空港、目的地は上海浦東国際空港となります。 利用する航空会社は中国東方航空で、所要時間は1時間40分くらい。 大阪から東京へ行くよりも、関空から上海へ行く方がずいぶん近いというのはちょっと不思議な感覚ですね。 こちらもオススメ、関連投稿 上海でリニアモーターカーに乗ってみる。時速300キロオーバー 中国・上海を訪問。まずは空港到着から市内まで地下鉄で移動 上海市内から空港へ。空港内プレミアムラウンジを利用してみる 中国 ...

ReadMore

>イタリア

ボローニャにて宿泊のホテル「カペロロッソ」。文字通り家庭的ないいホテル

更新日:

さて、イタリア・ボローニャで宿泊したホテル、「カペロ・ロッソ」。
ホテルの公式サイトには日本語の説明もあり、予約前に問い合わせた際、予約した後に様々な手配をしてもらうのにもレスポンスよく行動してくれていて、けっこう好印象。



ボローニャの空港から車で20分、ボローニャ中央駅からも車で5分位、と非常に便利な立地で、ボローニャの斜塔、マッジョーレ広場、ネットゥーノの噴水など観光名所のほとんどに歩いて行ける、というのもいいですね。

客室は33ありますが、それぞれ内装が異なり、ポップな部屋、アメリカンな部屋、キッズな部屋、アートな部屋、ピンクな部屋、動物も宿泊可能な部屋など多数(予約時に指定できる)。

今回ホテルが用意してくれたのは「ロブスターつき」の部屋で、部屋の入り口や室内、椅子にはラバー製のロブスターつき(なぜロブスターなのかはわからない)。
部屋にはポットやコーヒー/紅茶も置いてあり、バスタブつき、アメニティもエトロとまず文句のないレベル。
夜間も周囲やエレベーター/水道の音など含めて非常に静かで、過ごしやすいホテルといえます。

バスタオルにもホテルの刺繍があってブランディングが徹底している一方、なぜかバスルームには羽根つきの鳥かごや本があったりと不明なところ多いですが、楽しい部屋ではありますね。

上述の通り各部屋にはコンセプトがあり、下の画像でロブスターのあるのがぼくが泊まった部屋。
一方でアメリカ国旗があるのは別の部屋ですが、そちらは部屋の中がアメリカンなのかもしれません。

ざっとホテルの廊下を歩いてみると、他にもいろいろなコンセプトの部屋があり、見ていて飽きないホテルと言って良いでしょう。

その他各フロアにはミニ図書館のようなもの、自動靴みがき機も。
部屋にも靴みがき用のスポンジが置いてあり、やはりお洒落なイタリア人にとって「靴は大事」なのだと感じさせられる部分。

その他ホテルのロビーや待合スペース。
コーヒーメーカーも置いてあり、エスプレッソやカフェラテ他、ココアなども無料で飲むことができます。

ホテルの外観。
よく「家庭的なホテル」という表現がありますが、このホテルこそがその表現にピッタリだと思います。

他、ホテル横には「オステリア(居酒屋の意味)」も併設され、伝統的なイタリア料理を食べることができます(朝食をつけると、そこでセルフサービス式の朝食を摂ることができる)。

なおホテルの主なサービスは下記の通り(ホテルのHPから引用)。

お客様をお包みするサービス

各客室内にシルクの着物
各客室内に純粋な綿のバスローブ
各客室内にピローメニュー
各客室内にコーヒー紅茶セット
新鮮な季節のフルーツ、オーガニック及びグルテンフリー食品
利用可能なラップトップコンピュータ
利用可能な自転車
利用可能なゴルフバッグ
ブッククロッシング

無料サービス

客室内と公共エリアでのワイヤレスフィデリティ(Wi-Fiを提供)
客室内にラップトップサイズのセーフティボックス
各フロアに自動靴磨きサービス
ロビーに観覧自由な新聞と雑誌
飛行機と鉄道チケットの時刻案内及び予約のサポート
レンタカーやドライバーつきの車の手配のサポート
ゴルフ場の情報及び予約をサポート
Vivaticketサークル(このサークルへの手数料はエクストラ)を通じてショーやコンサートチケットの手配

更には、観光、ホテルへの予約時期の市内でのイベント、展示会の情報サポート、レストランの情報及び予約サポート、またお誕生日や記念日のパーティーの手配のサポートも致します。

有料サービス(リクエストに応じて)

ランドリー及びドライクリーニングサービス
ベビーシッター
私営ガレージ € 25
市営の駐車許可証 € 9
会議室
ルームサービス(7:00~23:00)
郵便、宅配便
ショッピングサポート
花ギフト
メイクアップ
週末旧市街のガイドツアー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->イタリア
-, , ,

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.