>イタリア

イタリア・ボローニャにて。「マッジョーレ広場」を画像で紹介

2017/02/14

LINEで送る
Pocket

イタリア・ボローニャのマッジョーレ広場」。
ボローニャというと「マッジョーレ広場」というほど有名ですが、まさにボローニャの中心。
南は聖ペトロニオ大聖堂、向かいにポデスタ宮殿、西には市庁舎という感じで建築に関する見所もここへ集約されている、と言って良いかと思います。

1200年くらいにこれらの建築が始まったとされますが、日本ではまさに見ることができない歴史的建築物は壮観ですね。
この広場には有名「ネプチューンの噴水」があるのですが、残念ながら訪問時は改装中で見ることはできず。

この広場を中心に様々な建物が広がり、商業施設も多数存在。
ギャップ、アップルストア、エルメス、ルイ・ヴィトンなどもありますが、大々的に看板を出しているわけではないので、そこを通りがかって初めて「その店だと」わかる、という感じですね。
広場のそばにはレストラン、たばこ店、オブジェなども。
※タバコ店では缶入りの飲料なども売られているものの、割高なケースが多い

なおボローニャの街中にはこういった「回廊(ポルティコ、柱廊)」がたくさんあるのも特徴。
この回廊のおかげで大して雨に濡れることがなく街中を散策することができます。
回廊の構造や天井(柄)は建物によって異なり、いろいろな仕様、種類があるようですね。

こちらはエルメス。
横にはグッチ、ルイ・ヴィトンも入るビル(ギャラリー)となっています。

広場をちょっと奥に入るとこんな感じ。
マクドナルド、ナイキ、コンバース、ティンバーランドなどいろいろなお店があります。
昔ながらの仕立て屋、たばこ店(雑貨店のようなもの)、パン、ハムやソーセージ、チーズなどの食料品店、カフェ、ピッツェリア、リストランテ、オステリアも多数。
コンビニっぽい感じのお店は少なく、食料品などはスーパーや専門店で購入する場合が多いようですね。

近隣には二つの斜塔もあり、ここを中心に観光をするケースも多いと思われ、この近辺でホテルを取っておくと「歩いての」便利な観光ができそうです(もちろん他地域のホテルよりはちょっと高くなりますが、利便性を考えると納得できる範囲)。

こちらは夜のマッジョーレ広場。
昼のマッジョーレ広場もいいですが、夜の広場も美しいですね。
広場の設備や標識、近隣のお店などの表示はほぼイタリア語のみなので要注意。
イタリア語に明るくない場合はスマホなどで翻訳を行いながら見て行くと良さそうです。

マッジョーレ広場のすぐ近くにある、「サン・ステファノ教会群」。
小さな教会がいくつも位置している部分です。

->イタリア