>ドバイ/アブダビ

オールド・ドバイ。ゴールド・スーク、オールド・スークを訪れる。船に乗ってクリークを渡る

2017/03/04

LINEで送る
Pocket

さて、ドバイを初めて訪れるので、ひととおり観光名所と呼ばれるところは網羅しようと考え、「スーク」を訪問。
いわゆる「三大スーク」というものがあって、これは「ゴールドスーク」「スパイススーク」「オールドスーク」に分かれます。

現在は完全に観光地化しており、訪れるのは観光客が大半のようですが、近隣には現地の人が住む建物も多く、生活圏のひとつでもあるようです(スーパーも多い)。

地下鉄でも行けますが、切符を買ったりするのが面倒でもあり、モロモロ考慮すると(さほど高くもないので)タクシーで行ったほうが良さそうです。

ゴールドスークは大小合わせて300と言われるお店が集まっており、金はじめ貴金属を販売しています(ゴールド大好き中国人がよく買い物をしている)。
お店の外にはとんでもない量の金を使用した製品もディスプレイされており、銀製品も多いですね。
その他には布製品、スパイスを販売するお店もありますが、客引きがかなり多いのが面倒。

こちらはオールドスーク。
ゴールドスークから「アブラ」と呼ばれる船で渡りますが、バール・ドバイ地区とディラ地区を挟む湾(クリーク)を行き来するもので、これ以外の(ゴールドスークから直接行く)交通手段はありません。

ただし乗船難易度は高くなく、乗り場にゆくと人がいっぱいいるので、そこに並んでおけば順番が自動的にやってきて船に乗せられます。
料金の支払いは乗船後ですが、小銭を求められるので、常に小銭は持っておいたほうが良さそうです(レストランやタクシーでもチップが必要なので小銭は重宝)。

オールドスークでは主にテキスタイル(布製品)が多く、スカーフやシャツなどの生地が売られています。
こちらの客引きはゴールドスークよりも強引で、無理やりスカーフを首に巻きつけてきたりするのでゆっくりと商品を見るのはまず不可能という感じです。
そのため買い物には向かず、雰囲気を楽しむだけ、という感じですね。

その他近辺の画像。

->ドバイ/アブダビ
-, , , , ,