●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車)

トヨタ・プリウスPHVのバックドアはカーボン製。カーボン柄も見える?

LINEで送る
Pocket

レスポンスによると、プリウスPHVのバックドア素材はCFRP(カーボン)製、とのこと。
正確にはその「骨格」がカーボン製となりますが、三菱レイヨンの「SMC(Sheet Molding Compound)」が用いられているようですね。

これは長さ数センチにカットされた炭素繊維を樹脂中に分散させたものとのことで、プレス成形が可能としています。
加えて短時間で加工できる、複雑な形状にも成形できるとされており、安価に製造できるカーボン素材と言えそうですね(カーボンパーツが高価なのは生産性が悪いため)。

なお、こういった「樹脂にカーボン繊維を混入させてプレス」というものはランボルギーニのフォージド・コンポジットはじめアストンマーティン、マクラーレンでも使用が見られ、チューナーだとマンソリーも使用しており、今後はその採用が拡大するものと思われます。

こちらの画像では一般的な「カーボン繊維」の柄が出ているように見えますが、実際のプリウスPHV(市販モデル)ではどうなっているのかも確認してみたいところですね。

-●その他自動車関係(日本車), ●その他自動車関係(欧州車)
-, ,