>ドバイ/アブダビ

巨大すぎるドバイ国際空港(現在発着数世界一)。その様子を画像でお届け

2017/03/08

LINEで送る
Pocket

さて、ドバイ国際空港の様子。
発着数はかなり多く、2014年にはロンドンのヒースロー空港を抜いて発着数では世界一となっています。
ただしそのためかターミナルが圧倒的に不足しており、これまで全てドバイへの到着、出発ともに「ターミナルへの直付け」はなく、滑走路脇に飛行機を停め、迎えに来たバスでターミナルまで移動しています。

そのうえ、バスで走る時間も他の空港に比べると長く、空港がかなり大きいこと、とにかくターミナルが足りないということもわかります。
ただ、実際にターミナルについてみると、バンコクのように人が過密な印象はなく、ターミナルそのものは十分なキャパシティを持っているようではありますね(ただ単に旅客機をつける場所がない)。

空港内には多くの免税店がありますが、薬局や飲食店が多く、スーパーのようなものも。
他空港と圧倒的に異なるのは「お酒が売っていないこと」で、これはもちろん宗教的理由によります。
ドバイ市内でも種類を入手するのは困難で、ホテルの飲食店など限られたところのみが提供可能(しかも高い)。
よって、ドバイに入る人は外からお酒を持ち込むケースが多いようですね。
↓免税の様子はこちら
ドバイはやはりドバイだった。免税店のミニカーもスーパーカーだらけ

なおドバイ国際空港には有名な「ドバイ・エアポート・ラウンジ」があって、これはエミレーツ専用の「ターミナル3」の発着フロア上に位置。
ファーストクラス・ラウンジ」と「ビジネスクラス・ラウンジ」がありますが、ファーストクラス・ラウンジはまあスンゴイみたいです。

↓ぼくが行ってきたビジネスクラス・ラウンジの様子はこちら
ドバイからボローニャへ。エミレーツのビジネスクラスはこんな感じ

その他空港内には(他の空港と)あまり変わったところはないように思いますが、ターミナル3にはいたるところにベビーカーの貸出があります(エミレーツだけあって高価なマクラーレンを使用)。

こちらは入国した所。
時間も遅く(夜10時くらい)、人もまばらです。
ビジネスクラス搭乗の場合はファストパスを渡してくれるのですが、逆にファストパスを持っている人のほうが多いくらい。
入国審査官は女性が多いようで、ほぼ何も聞かれることがないままに入国できます。

手荷物受取カウンター付近、出口付近の免税店には両替所があり、そこで両替するのが(日本国内や、ドバイ市内のホテルに比べて)レートが良いようですね。

そしてドバイならでは、といえるのが「懸賞つき当たりくじ」。
見ての通りポルシェ911やジャガーFタイプが当たる、というものです。

今回はビジネスクラスでの旅なので、空港からホテルまではエミレーツによる無料送迎付き。
出口を出るとエミレーツの「ショーファーサービス」なる看板があり、それに従って進み、カウンターで航空券を見せると「何番で乗って」と指示されるので、その番号のところへ向かうと、こんな感じでレクサスやBMW、メルセデス・ベンツ、ボルボなどが待機。
ビジネスクラスはボルボ、ファーストクラスはメルセデス・ベンツとなっているようですね。
ズラっと黒塗りの車が並ぶのはちょっと壮観。

->ドバイ/アブダビ
-, , , , ,