>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/18

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

>中国

中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、1926年建設の「金門大酒店」

2018/5/23

| 上海の常宿、金門大酒店はこんな感じ | さて、上海に来るといつも利用するホテル、「ジン ジャン パシフィック ホテル上海/上海金門大酒店/Jin Jiang Pacific Hotel Shanghai」。 ほかにもいくつか高級ホテルも含めて泊まったことがあるものの、ここが一番落ち着くと考えています(理由はわからない)。 場所は人民広場前、地下鉄駅「人民広場」徒歩数分、繁華街の南京東路、南京西路にも歩いて行けるという立地で至極便利。 こちらもオススメ、関連投稿 中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には ...

ReadMore

>中国

関空から上海へ。厳しくなった入国審査、そしてリニアモーターカーに乗って市内へ向かう

2018/9/3

| 上海へ行ってきた。関空からリニアモーターカーまで | さて上海へ。 出発地は関西国際空港、目的地は上海浦東国際空港となります。 利用する航空会社は中国東方航空で、所要時間は1時間40分くらい。 大阪から東京へ行くよりも、関空から上海へ行く方がずいぶん近いというのはちょっと不思議な感覚ですね。 こちらもオススメ、関連投稿 上海でリニアモーターカーに乗ってみる。時速300キロオーバー 中国・上海を訪問。まずは空港到着から市内まで地下鉄で移動 上海市内から空港へ。空港内プレミアムラウンジを利用してみる 中国 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●食べ物やグルメ関係

ドバイで食べたもの、気になった食べ物など。レストランの価格は高め、スーパーは安め

更新日:

さて、ドバイで食べたもの、気になった食べ物などを一部紹介。
上はマウンテンデューですが、日本ではあまり手に入らず、しかし国外では比較的メジャーなので外国に来るとよく飲むものです。

それはさておき、まずはパッチ(Patchi)のチョコレート。
パッチはドバイ(じつはレバノンらしい)のチョコレートメーカーですが、1974年の創業。
ドバイのゴディバと評されることもあるようですね。

店内はどこもゴージャスで、展示方法やチョコレート自体も豪華絢爛。
幾つかのショップを見ましたが、何故か中国人が大挙して押し寄せているので、中国のドバイ旅行ガイドブックに必ず掲載されているのだと思います。

なお試食も自由にさせてくれるようで中国人がムシャムシャとチョコレートを食べていますが(それで人気なのかも)、お店の人からすると中国人もぼくら日本人も区別がつかないと思うので、その中国人の一団に紛れて思う存分チョコレートを試食するのも良いかもしれません。

こちらはフードコートで食したインド料理。
ドバイには様々なレストランがありますが、インド料理、レバノン料理あたりはけっこう多いですね。
ほかはエジプト、ギリシャ料理、トルコ料理も多いようですが、ギリシャ料理はあまり日本で余り見かけることがなく、ちょっと新鮮。

ハンバーガーも意外と多い料理の一つ。
シェイクシャックも多いですが、逆にマクドナルドやケンタッキー・フライドチキンは非常に少数。
高級ハンバーガー店のほうがずっと多いようですね。

なお、こちらは「BURGERFUEL(バーガーフューエル)」。
ニュージーランドのチェーンのようですが、飲食店らしくないネーミング、色使いが特徴的。

ビーフ系のメニューを見ると「ロードスター」など車の形式にちなんだものが多く、チキン系は「Vツイン」などバイク系の名称、「バーンナウト」「バックファイア」など車やバイクに関する現象についての名称が与えられているようですね。

こちらは別のバーガー店。
現地のチェーン、単独店舗含め、路面店、ショッピングモールともに相当数のバーガーショップがあります。
よって、困ったときはバーガーショップに入ればまず(現地のものが食べれないなど)味で困ることはなさそうですね。

シャングリ・ラ・ホテルでは毎日出て来るデーツ(ナツメヤシの実を乾燥させたもの)。
サウジアラビアの「バティール」が有名ですが、シャングリ・ラで出てくるのもやはりバティール。

スーパーで購入してきたヨーグルト他。
ドバイの人はヨーグルトが好きなのか、やたらヨーグルトが売っています。
たくさん種類があり、甘いもの、そうでないもの、フルーツ入りのものなど。
ヨーグルトに入れるジャムやはちみつも多く、何日か滞在するのであれば初日にスーパーで買いだめしておき、それを食べるのが良いかもしれません。
フルーツを買ってきて、ナイフでザクザク切って投入するのも良いですね。

ほか、サラダやチーズ、惣菜(スーパーで買っても温めてくれる場合がほとんど)も充実しており、パンも多いので、自分でサンドイッチやハンバーガーを作って食べる事もできますし、それを持って外出するのも良さそうです。

なおドバイはレストランで食べるとけっこう価格が高く、日本の1.2~1.5倍、という印象。
量も多いのでコストパフォーマンス的には良いのかもしれませんが、初めて入るお店だと量がわからず食べすぎてしまったり、それが重なると食べたいものも食べれなくなったりするので、自分で量や種類を調整できるようにしたり、ここでお金を節約して他のことにお金を回すのも賢い選択なのかもしれません。

なおスーパーで売られているものについては輸入品は比較的高い(といってもレストランに比べるとかなり安い)ですが、現地の材料や現地の生産業者の製品であれば「かなり安い」ようです。

すこし外れにゆくとドバイ現地の人が食べにゆくような大衆食堂もあり、そういったところはかなり価格が安いようですね。

ピザも移動販売や店舗含めて多く、イタリアンは全般的に人気のようですね。

こちらは宿泊したシャングリ・ラ・ホテルの朝食バイキング。
和洋中、そして現地のものなどなんでもあり。

ホテルのバー(ぼくはお酒を飲みませんが、お酒を飲めるのは基本的にホテルのバーくらい)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ドバイ/アブダビ, ●食べ物やグルメ関係
-, , , , , , ,

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.