>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/18

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

>中国

中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、1926年建設の「金門大酒店」

2018/5/23

| 上海の常宿、金門大酒店はこんな感じ | さて、上海に来るといつも利用するホテル、「ジン ジャン パシフィック ホテル上海/上海金門大酒店/Jin Jiang Pacific Hotel Shanghai」。 ほかにもいくつか高級ホテルも含めて泊まったことがあるものの、ここが一番落ち着くと考えています(理由はわからない)。 場所は人民広場前、地下鉄駅「人民広場」徒歩数分、繁華街の南京東路、南京西路にも歩いて行けるという立地で至極便利。 こちらもオススメ、関連投稿 中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には ...

ReadMore

>中国

関空から上海へ。厳しくなった入国審査、そしてリニアモーターカーに乗って市内へ向かう

2018/9/3

| 上海へ行ってきた。関空からリニアモーターカーまで | さて上海へ。 出発地は関西国際空港、目的地は上海浦東国際空港となります。 利用する航空会社は中国東方航空で、所要時間は1時間40分くらい。 大阪から東京へ行くよりも、関空から上海へ行く方がずいぶん近いというのはちょっと不思議な感覚ですね。 こちらもオススメ、関連投稿 上海でリニアモーターカーに乗ってみる。時速300キロオーバー 中国・上海を訪問。まずは空港到着から市内まで地下鉄で移動 上海市内から空港へ。空港内プレミアムラウンジを利用してみる 中国 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ

ドバイのエミレーツ・モールへ。砂漠に人工スキー場を建設したドバイ神話始まりの場所

更新日:

さて、ドバイ・モール(モール オブ ジ エミレーツ)へ。
メトロだとズバリ「Mall of the Emirates」駅となります。
駅を降り、頭上にある看板に従って進むとほどなくモールにたどり着くことに。
3フロア構成ですが、ちょうど2F部分に入る形になるようですね。

2005年オープンで、現在はその後にオープンしたドバイ・モールに「ドバイ最大」の称号を譲り渡すことになりますが、「人工にて雪を降らせる」スキー・ドバイが入っていることでも有名です。



なお、この「スキー・ドバイ」については、「砂漠の中に金にモノを言わせて雪を降らせるとは」と一部で批判が出たものですが、ドバイという新しい観光地をアピールし、世界中から人を呼ぶには「中途半端なこと」をしていては当然観光客を誘致できず、こういったところにお金をかけたからこそ「今のドバイがある」と考えています。

新しく成長している都市や観光地が「世界一高いビル」を建てるのと同じで、これは「一種の投資」とも考えられ、それが奏功した、と言えるでしょう。

飲食店については全部で90あるとされ、ゴディバ、鼎泰豊、ディーン&デルーカ、フォション、シェイクシャックなど世界の有名所がカフェも含めてズラリ。
平日の午前中だとかなり空いており、有名店にも並ばずに入れます。

ヴァージン・メガストア。
もはやCDの販売はほとんどなく、サブカル系グッズが大半です。

レゴ・ストア。

寿司店、「YO!SUSHI」。
けっこう奇妙なメニューがあります。
ドバイは他の観光地に比べると日本料理店が少ないようですね。

映画館(シネマコンプレックス)。
4Dシアターもあり、ちょうど貞子を上映中。

これが問題のスキードーム。
夏になると50度を超える気温の中、室内で雪を降らすというのはたしかに「現実離れした」アイデアですね。
現地の小学校の生徒らしき子供がたくさん引率とともに訪れていましたが、こうやって幼少の頃からスキーを覚えておけば、後にスキーリゾートに行っても困らず、これは英才教育のうちのひとつかもしれない、と考えたり。

ショッピングモールに限らず多いのがインテリア系ショップ。
ドバイの人はインテリアに関心が高いのか、モール内、路面店ともにけっこうな数があり、かつ規模が大きいようですね。
置いてある家具はやはり「さすがドバイ」と思わせるもので、サイズが大きく、動物モチーフだったり、金色だったりします。

ヴィトンやグッチなどの高級ブランドもあれば、H&MやZARAなど比較的安価なブランドも。
ハーベイ・ニコルズも入っていますね。

ハーゲンダッツほか飲食。
ドバイではお酒を飲まないかわりに甘いものを食べる習慣があるようで(そのため肥満率も高い)、チョコレートやアイスクリームを販売するお店も多数。

不思議なのは、飲食店が比較的「空いている」こと。
昼を回っても人がさほど多くなく、しかし日本だと難民になるくらい飲食店に人が溢れますが、ドバイではあまり飲食店が混まないようですね。

ほか館内の様子。
スポーツ店、カルフールなど様々なテナントが入っています。
ボウリング場もある模様。

ドバイでは金曜日午前、土曜日はかなりのお店が休みになりますが、こういったショッピングモールは開業しているようで、旅程が金曜日/土曜日にかかる場合、ショッピングモールの訪問を金土に当てたほうが良さそうです。

なお、ショップは全部で560以上あり、全部見て回るのは困難。
日本でも見ることができるお店も多く、そういったお店を「飛ばして」ゆかないと時間がいくらあっても足りなくなると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ドバイ/アブダビ
-, , , , ,

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.