●その他ニュース・ネタなど

ダイソンが「28万円」のLED照明を発売。その価値はいったいどこに?

2017/03/27

LINEで送る
Pocket

ダイソンが噂の「28万円の照明」を発売。
製品名は「キュービームデュオ(Cu-Beam Duo)」、アップライトとダウンライトを一大にまとめ、それぞれの光の比率をコントロールできることが特徴としています。
照明器具としてはかなり高価であり、実際に自分の目で見てみないと(画像や文章だけだと)そのメリットを感じ取るのは難しそう。
なお「ビジネス向け製品」に分類されており、うなるほどお金のある法人向け、という製品なのでしょうね。

なお、今回のLED照明を開発したのは「ジェイク・ダイソン」氏で、あの掃除機を発明したジェームズ・ダイソン氏の長男。
もともとは別会社でLED関連テクノロジーを研究していたものの、2015年にダイソン傘下に編入されています。

キュービームデュオ(Cu-Beam Duo)に関する説明は下記の通り。

 「キュービームデュオ」はカスタム設計したバブル光学レンズを採用して、天井全体を広範囲に照らす。これによりホットスポットが消滅し、天井から吊り下げ距離も短くすむため、部屋全体を柔らかな間接照明で照らすことが可能になっている。吹き抜けやロビー、オフィスなどのオープンスペースにも最適。

ジェイク・ダイソン氏については下記の通り紹介されています。

 ジェイク・ダイソンは、ダイソンのチーフエンジニアであるジェームズ ダイソンの長男で、セン・マーチン美術大学(Central Saint Martins Collage of Art and Design)でインダストリアルデザインを学び、2004 年、ロンドン南西部に小規模のワークショップを設立。フライス盤と旋盤を置き、最初の製品であるモーターライト(MotorlightTM)を製作。その後、LEDテクノロジーに着目し、他2人のデザインエンジニアと共にチームを編成、LEDの主要な問題点を解決する技術開発に従事。ジェイク・ダイソンの事業は2015年にダイソンの傘下に入り、現在はダイソンの研究開発ディレクターを務めるとともに取締役も務める。

-●その他ニュース・ネタなど
-, ,