●コラム/近況

こんな夢を見た(ノアの方舟的宇宙船で地球外に移住。その順番を待つ)

2017/04/02

LINEで送る
Pocket

夢の中では、どうやら「地球脱出計画」が世界的に始まっている模様。
ただしそれらは各国の国民には知らされず、水面下で進んでいるようです。
というのも、「移住対象者を乗せたロケットが地球を出たらしい」という現実離れしたウワサがネットで出回るも、それに関するネット上の記載は軒並み削除されていたりして、なんとなく違和感がある状態。

そんな中でも普通に生活を続けているのですが、どうも日増しにそのウワサが耳につくようになり、具体的に「山田さんが地球を離れる宇宙船に乗ったようだ」とか知り合いに関する話も。
そして実際に山田さんに連絡を取ると「不通」となっており、「これは尋常じゃないな」と思い始めるわけですね。

そうこうしているうちにぼくの家に「政府の関係者」と名乗る人(スーツを着た普通のサラリーマン風)がやってきて、「移住対象者に選ばれたので、移住の準備をお願いします」と伝えられ、簡単な説明と移住に関するパンフレットを渡されます。
そのパンフレットによると、

・地球は早晩住めない環境になるらしい
・世界各国が共同で地球脱出計画を進めてきた
・パニックにならないように情報規制が敷かれている
・情報を口外すると大変なことになりますよ
・順に脱出者を選定し地球から送り出している
・移住先は地球と似た環境なので安全
・移住先では住居、仕事が確保されており生活の心配はない

と書かれており、ほかに「移住者のしおり」のようなものも。
これには移住の際に持ってゆくものなどか書かれており荷物の大きさ、重量など詳細が記載されています。
その中でぼくが気になったのは、「犬または猫は一匹まで」との記述。
我が家には三匹の猫さんがいるので、当然規定を超えてしまうわけですね。

連れて行けないのであればぼくは(地球に)残ります、とその政府の人に伝えるのですが、政府の人は「え?」という表情。
移住したくても移住できない人がほとんどなんですよ?猫のために地球に残るんですか?と政府の人。

もちろん猫のために残ります、と伝えたところ政府の人は「ちょっと待ってください」とどこかに電話し、結果的に我が家の猫さん三匹も一緒に移住できることに。

その後ぼくは移住の準備を進めるのですが、「移住者のしおり」には持ってゆく下着の枚数まで記載されていて、とにかく持ち物の選定が大変。
許されるのは75リットルくらいのスーツケース一つ分なので、その中に「ぼくのすべて」を詰めて猫さんたちと一緒に、迎えの車に乗って宇宙船の発着所に向かい、宇宙船と対面(巨大なスペースシャトルっぽい)したところで夢は終了しています。

-●コラム/近況
-, ,