>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

●その他ニュース・ネタなど

知っとるけ?”エリート男喰い日記”、「暇な女子大生」がツイッターを席巻中

更新日:

ダイアモンド・オンラインにて”エリート男喰い日記「暇な女子大生」がバカ受けする訳”という記事が公開に。
ぼくは全く知らなかったのですが、記事によると「暇な女子大生」なるTwitterアカウントが猛烈な勢いでタイムラインを席巻中、としています。

ある怪物がネット界を徘徊している。「暇な女子大生」という名の怪物だ。自称・慶應大学の女子大生。出会い系アプリのTinderで知り合ったエリート男性たちと毎日のようにデートして、ホテルでセックス。その模様をツイッターに連日投稿。これが注目を集め、昨年12月にアカウントを開設して以来、現在までにフォロワーは13万人を超え、まもなく14万人に達しようとしている。メディアも注目し、週刊文春や週刊ポストのような下世話ネタが好きな週刊誌のみならず、モデルプレスのような女子向けのファッションメディアでも特集された。テレビの情報番組や、オールナイトニッポンでも紹介されている。


ネットやメディアで注目される理由は、まずはそのコンテンツ力だ。使用する用語も独特で、たとえば、男性と会ってセックスして満足感を得ることを「優勝」、ある男性に対して性的な興奮をおぼえることを「チツピク」「膣キュン」、相手に幻滅して性的な関心を完全に失った状態を「サバンナ」と表現する。それら独自の用語を駆使したツイートを、連日投稿している。

また、彼女の言う「エリート男性」の定義は明確で、東大、京大、東工大、一橋、慶應、早稲田、医学部医学科の学生および卒業生。ただし、いわゆる学歴ロンダリングはNGで、上記以外の学部から東大大学院に進学した場合はエリートとは見なさない。あくまで受験戦争の勝利者だけをエリートとして見なす。そのあたりは徹底していて、ある日のツイートでは、約束していた日大出身の東大院卒男性をポイ捨てし、急遽、一橋男性を呼び出している。

たしかにその言い回しは独特で、あまりに「洗練され完成されている」ためにヤラセのような印象も受けますが(このあたり該当記事の筆者も疑問を呈している)、とにかく面白いことは間違いなく、とりあえずフォローしてしばらくツイートを見てみようと思います。

記事の内容は秀逸で、彼女の存在を様々な角度から分析。
単なる色物やエロとして扱うのではなく、「なぜ人気なのか」「なぜ炎上しないのか」ということについて冷静に考察を重ねており、ぼくはむしろ「暇な女子大生」本人よりもこの記事の筆者、そして考察内容の方に大いに興味をそそられたわけですね。

ツイッターでも公言しているように、彼女がエリート男性を好むのは、依存できるオスをゲットするためではなく、単純にそれが性的嗜好だからだ。多くの男が看護師やCAやモデルなどに性的嗜好を持つこととまったく同じである。したがって、彼女がデートする男性の好みに合わせて容姿を変えるのは、媚びるためではなく「狩る」ためである。彼女は自分のツイッターを「ちんぽの食べログ」と表現しているが、まさに男を喰っているのだ。これはまったく新しい。

筆者は本人に(ネット上ですが)取材を試み、炎上しない理由について、本人から以下のようなコメントを引き出しています。
このコメントを見る限り、「暇な女子大生」も相当な洞察力を持っている、と考えて良いでしょうね。

従来から性に関しては一般的に「男性が女性を抱く」「男性が女性をやり捨てる」と男性優位だったと思いますが、私はちんぽを選び、ちんぽを選別しているので、その新しい構造が新鮮で好意的に受け止められているのではないでしょうか。

加えて筆者は、「性」における革命という点でマドンナを引き合いに出し、下記のようなコメントも。
これについてはぼくも異論はなく、やはり筆者はタダモノではなさそうですね。

この新しさは従来のフェミニズムとはまったく違うところから、女性の新しい地平を切り開く。アメリカの社会学者、批評家でアンチ・フェミニズム・フェミニストとして知られるカミール・パーリアの「マドンナ論」のように。マドンナはデビュー以来、時にはセクシーを超えた卑猥とも言えるパフォーマンスを繰り広げ、フェミニストたちから激しく非難された。つまり、「マドンナはポルノを肯定する女の敵」というわけだが、これにカミールは激しく反論。ニューヨーク・タイムズにこのような文章を載せた。

「マドンナこそ真のフェミニストだ。これまでアメリカのフェミニズムは禁欲的で厳格なイデオロギーに縛られ、大人げなく、すぐにめそめそ泣くばかりだったが、マドンナはそんな青臭さを笑い飛ばした。マドンナは若い女性たちに女らしくセクシーでありながら、自分の生き方をコントロールできることを教えたのだ」

VIA:DIAMONDONLINE

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他ニュース・ネタなど
-,

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.