●食べ物やグルメ関係

一体なぜ?中国にて「ウォーレン・バフェット氏の似顔絵入り」コカコーラ発売

2017/04/14

LINEで送る
Pocket

中国にて発売されるチェリー・コークの缶になぜかウォーレン・バフェット氏の似顔絵が使用されることに。
これは中国側からの要望ではなく、米国コカコーラの決定とのこと。
コカ・コーラによると、「筆頭株主で最も知名度の高い投資家」のイメージを販促に活かす、としています。

中国は確かに「投資」に対する関心が高い国ではありますが、ウォーレン・バフェット氏のちメイドがどれくらいなのかは不明。
なおウォーレン・バフェット氏はコカコーラの株式9.3%を所有し、25年以上もコカコーラーの大株主に名を連ねている、とのこと。
加えてコカコーラ製品の「大変な愛好家でもあり、1日当たり約5缶飲んでいる」としています。
今年で86歳になりますが、「老いてますます盛ん」という印象もあり、コカコーラ製品が健康の秘訣なのかもしれません(似顔絵よりもこれをアピールしたほうが製品が売れるのではないかと思う)。

VIA:Bloomberg

-●食べ物やグルメ関係
-, , ,