>その他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタなど ●その他自動車関係(欧州車)

ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテを見てきた。その画像を公開してみる

2017/06/17

LINEで送る
Pocket

ランボルギーニ大阪さんに展示中のウラカン・ペルフォルマンテ。
ニュルブルックリンク周回タイム最速として知られますが、つい先日日本でもお披露目され、現在はその車両が日本中のランボルギーニ・ディーラーを巡回中。

まずはフロント。
グリルレスとなっており、アヴェンタドールSと同様のデザイン言語を持っています。

サイド。
グロスブラックのサイドステップにイタリアントリコローレが特徴となっています。

ホイール。
鍛造ホイールにチタンボルトが装着されています。
もちろんブレーキディスクはカーボンセラミック。

リア。
アクティブエアロデバイス=ALAが機能・外観ともにウラカン・ペルフォルマンテの特徴となっていますね。

リアバンパーとディフューザー。
マフラーエンドの位置も変更となり、ベースモデルのウラカンと最も大きな差異が見られる部分と言えそうです。
マーブル状の「フォージドコンポジット」はグロス仕上げとなっています。

インテリア。
アルカンターラとフォージドコンポジットが多用され、スパルタンな仕上がりに。

エンジンルーム。
ゴールドのカバーは通常のウラカンにはないもので、ディアブロSE30をイメージしたようですね。

->その他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタなど, ●その他自動車関係(欧州車)
-, , ,