●その他自動車関係(欧州車)

アウディが国内にも「Audi R8 LMS GT4」を投入。SUPER GT 2018年参戦を目指す

LINEで送る
Pocket

Audi R8 LMS GT4

すでに欧米では発表されており、今年のルマンにも参戦したアウディR8のレースカー、「Audi R8 LMS GT4」を日本でも発売。
発表の場はSUPER GT第5戦が行われた富士スピードウェイで、「日本国内で2018年シリーズ参戦を目指す」としています。

アウディスポーツ(旧クワトロ)は社長が前ランボルギーニCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏となって以来積極的に動きを変えており、レース活動はもちろん、プライベーター支援のための車両販売も活性化。
ロードカーにおいても「アウディスポーツ」をインブランド形式にて進めるなどイメージが大き変わってきていますね。

Audi R8 LMS GT4

以下、アウディジャパンのプレスリリースより。

Audi R8 LMS GT4は、生産モデルをベースとしたレーシングカーです。市販モデルのAudi R8 Coupé V10をベースに開発され、パワフルで高い安全性を誇ります。同時に、購入価格や維持費がリーズナブルに設定されることが予定されており、アマチュアチームに最適なモデルです。50年以上前から世界中で魅力的なロードゴーイング スポーツカーがGTレースのベースモデルとして人気を博しており、こうした素晴らしいスポーツカーの伝統を引き継ぎ、Audi R8 LMS GT4のレギュレーションの精神にも合致しています。

Audi R8 LMS GT4は、市販モデルAudi R8 Coupéと60%以上もの構成部品が共通で、生産工場も同じドイツ ベーリンガーホフ工場で行われます。この相乗効果により、新しいレーシングカーAudi R8 LMS GT4のオーナーは、購入価格や維持費の点で恩恵を受けることになります。

アウディは2009年よりAudi Sport カスタマーレーシング プログラムを通じて、Audi R8 LMS GT3を供給しており、日本でも2012年よりSUPER GTのGT300クラスにAudi R8 LMSで参戦を続けており、2016年からは第二世代Audi R8 LMSが活躍しています。

Audi Sportは、Audi R8 LMS GT4のサービス、スペアパーツの物流、プロフェッショナルなサポートを世界中のネットワークを通じて行います。Audi Sportカスタマーレーシングは、日本でも既にAudi R8 LMSならびにAudi RS 3 LMSのためにサービスネットワークを構築しており、Audi R8 LMS GT4に対してもこれらの優れたネットワークを活用することにより、レーシングシーンでのアウディカスタマーチームの活動をサポートすることで、アウディの重要なブランド要素であるスポーティイメージをさらに強く訴求していきます。

-●その他自動車関係(欧州車)
-, , , ,