●その他自動車関係(日本車)

レクサスがCT200hをマイナーチェンジ。「より上質かつアグレッシブに」「より安全に」

LINEで送る
Pocket

レクサスが「CT 200h」をマイナーチェンジ。
発売は8/24となっており、大きくは「上質かつアグレッシブに進化したデザイン」「予防安全パッケージ”Lexus Safety System +”標準設定による安全運転支援の強化」を掲げています。
レクサスのオフィシャルサイトでは、すでに情報を新型CT200hへと切り替え済み

まず「デザイン」についてはスピンドルグリルの造形が変化。
LC500にも見られる「粗密」を応用した複雑なデザインとなっており、さらには金属調の塗装によって高級感がアップ(グリルがかなり大きくなり、押し出しがかなり強くなっている)。

前後ランプも変更を受けてそれぞれ内部構造が変わり、精悍な表情やワイドさを強調したデザインになった、とレクサスは述べています。

加えてボディカラーには「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」「ヒートブルーコントラストレイヤリング」が追加されていますが、これは名称からするとマツダの「ソウルレッド・プレミアムメタリック」のような光輝顔料を使用したものかもしれませんね。

内装だとナビディスプレイを10.3インチに拡大し、オーナメントパネルに「バンブー」「サンフレアブラウン」「本アルミ」を加えて全8種類が選択できるようになった、とのこと。

レクサスによるプレスリリース(抜粋)は下記の通り。

LEXUSは、CT 200hをマイナーチェンジし、全国のレクサス店を通じて8月24日に発売した。
CTは、俊敏な走りとスポーティなスタイルを兼ね備え、優れた環境性能を実現したLEXUSのコンパクトハイブリッドとして幅広いユーザーに好評を博してきた。
今回発表の新型CTでは、LEXUS独自のデザイン要素をさらに洗練させ、新意匠のグリルメッシュを採用するなど、より上質でアグレッシブなデザインに進化させた。また、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を新たに採用し、安全運転支援の強化を図った。

-●その他自動車関係(日本車)
-, ,