>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂魚涌( ...

ReadMore

>中国

中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、1926年建設の「金門大酒店」

2018/5/23

| 上海の常宿、金門大酒店はこんな感じ | さて、上海に来るといつも利用するホテル、「ジン ジャン パシフィック ホテル上海/上海金門大酒店/Jin Jiang Pacific Hotel Shanghai」。 ほかにもいくつか高級ホテルも含めて泊まったことがあるものの、ここが一番落ち着くと考えています(理由はわからない)。 場所は人民広場前、地下鉄駅「人民広場」徒歩数分、繁華街の南京東路、南京西路にも歩いて行けるという立地で至極便利。 こちらもオススメ、関連投稿中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には” ...

ReadMore

>中国

関空から上海へ。厳しくなった入国審査、そしてリニアモーターカーに乗って市内へ向かう

2018/9/3

| 上海へ行ってきた。関空からリニアモーターカーまで | さて上海へ。 出発地は関西国際空港、目的地は上海浦東国際空港となります。 利用する航空会社は中国東方航空で、所要時間は1時間40分くらい。 大阪から東京へ行くよりも、関空から上海へ行く方がずいぶん近いというのはちょっと不思議な感覚ですね。 こちらもオススメ、関連投稿上海でリニアモーターカーに乗ってみる。時速300キロオーバー中国・上海を訪問。まずは空港到着から市内まで地下鉄で移動上海市内から空港へ。空港内プレミアムラウンジを利用してみる中国・上海で ...

ReadMore

>BMW i3

BMW i3の撮影敢行。おなじみナナガン(天保山第七岸壁)にて写真を撮ってみた

2017/6/4

BMW i3の撮影のため大阪の自動車撮影スポットとして有名なナナガン(大阪・天保山、第七岸壁)へ。 ここでは以前にランボルギーニ・ウラカンの撮影を行なっていますが、今回はi3の撮影ということに。 相変わらず多くの人が撮影に訪れており、今日はトヨタ・プリウス、ホンダ・オデッセイの一団が見られたほか、多くのスポーツカーやカスタムカーが集合しています。 関連投稿 ランボルギーニ・ウラカン撮影。ナナガンにて夕暮れ時を狙って写真を撮ってみた こちらもオススメ、関連投稿BMWが8年連続で東京マラソンのスポンサーに。ペ ...

ReadMore

>香港

香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる

2017/5/30

さて、香港の観光名所として有名なビクトリアピーク。 ここは通常「ピークトラム」と呼ばれる電車で登るのですが、時間帯や曜日によってはかなりな行列ができるのがちょっとした難点。 そこで「実は歩いて登れる」ということを知り、徒歩で登ってみることに。 こちらもオススメ、関連投稿香港へ行ってきた。銅鑼湾(コーズウェイ・ベイ)の様子を画像で紹介「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂魚涌(香港)へ香港へ行ってきた。セントラルにあるオシャレ地域、SOHOやランカイフォンへ行く香港・セントラル( ...

ReadMore

>香港 ●食べ物やグルメ関係

香港の老舗レストラン、蘭芳園(LAN FONG YUEN)へ。とりあえず出前一丁は必食

2017/5/30

さて、香港の老舗レストラン、蘭芳園(LAN FONG YUEN)へ。 レストランとは言っても「定食屋」「ファミレス」のノリで、低価格メニューのオンパレード。 サンドイッチやパン、麺類などがあり、ドリンクとセットになっているものも。 場所は地下鉄「セントラル(中環)」D1出口を出て同じみヒルサイドエスカレーターに乗って山の方向へ登ってゆきます。 こちらもオススメ、関連投稿おそらく世界で最も安い星付きレストランか。香港ミシュラン紀行~沾仔記(ワンタンメン)香港食い道楽編。エビワンタン、小籠包などローカルフード ...

ReadMore

>香港 ●映画、音楽、書籍など

「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂魚涌(香港)へ

2017/5/30

香港の「クオーリー・ベイ(クォーリーベイ、鰂魚涌 )」にあるマンションを見に。 ここは映画「トランスフォーマー/ロストエイジ」や「ゴースト・イン・ザ・シェル」のロケ地としても有名で、三方をマンションに囲まれた独特の視界が特徴。 こちらもオススメ、関連投稿香港へ行ってきた。銅鑼湾(コーズウェイ・ベイ)の様子を画像で紹介香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる香港へ行ってきた。セントラルにあるオシャレ地域、SOHOやランカイフォンへ行く香港・セントラル(中環)の風景を ...

ReadMore

>香港 ●食べ物やグルメ関係

香港の夜景を一望できるルーフトップバー「TOTT'S&ルーフテラス」へ行ってきた

2017/5/25

さて、香港エクセルシオールホテルのルーフトップバー「TOTT'S&ルーフテラス」へ。 ホテルの34階に位置し、けっこう夜景が美しいことで有名です。 ホテルの1Fからエレベーターに乗って上がりますが、TOTT'S専用の直通エレベーターがあるので、それに乗ってそのままTOTT'Sへ。 こちらもオススメ、関連投稿香港はランカイフォンにあるゴードン・ラムゼイのレストラン「BREAD STREET KITCHEN&BAR」に行く香港は竹園海鮮飯店へ。定番のフカヒレ、香港スイーツを食してみるシェフ史上最高の年収を誇る ...

ReadMore

>香港 ●ファッションや小物、ガジェット系

香港へ行ってきた。香港新旧の感じられるチムサアチョイを画像で紹介

2017/5/23

さて香港へ。 香港へ来ると必ずやって来る、チムサアチョイ(尖沙咀)周辺を紹介してみたいと思います。 この近辺は広東ロードなどブランド街の並ぶ近代的なエリア、そしてメインストリートとなるネイザン・ロード、そしてちょっと奥に入ったあたりのローカルな街並みなど様々な表情を見せてくれる地域。 こちらもオススメ、関連投稿香港へ行ってきた。(ジョーダン~チムサーチョイほか)香港・銅羅湾の様子を画像で紹介。NBA関連イベントにて等身大マイケル・ジョーダンも登場香港ハーバーシティはこうなっている。レーンクロフォード、LC ...

ReadMore

●その他自動車関係(日本車)

マツダが待望の「CX-8」発表。コンセプトは「TIMELESS EDGY」、実車の展示予定も公開

投稿日:

マツダが待望の3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」発表。
本日より予約受注を開始し、12/14に発売する、としています。
グレードは「XD」一本で装備違いで3種類、それぞれに2WD/4WDが存在します。
価格は3,196,800円~4,190,400円、月間販売台数は1,200台。

ボディカラーはソウルレッドクリスタルメタリック、マシーングレー、ジェットブラックマイカ、チタニウムフラッシュマイカ、ソニックシルバー、ディープクリスタルブルーマイカ、スノーフレイクホワイトパールマイカの7色(CX-8用の新色はない)。

マツダによるプレスリリースは下記の通り(抜粋)。

 新型『CX-8』は、マツダの国内向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなります。「走りやデザインを諦めたくない。でも家族や友人ともドライブを楽しみたい」と考えるお客さまに対し、多人数乗用車の新たな選択肢としてマツダが提案する、3列シートクロスオーバーSUVです。「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用し、「上質かつ洗練されたデザイン」、「街乗りから高速走行まで余裕のある走り」、「3列目を含むすべての乗員が楽しめる快適性と静粛性」を特長としています。加えて、「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)」*1の安全思想にもとづき開発したマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」*1により、「走る歓び」の土台となる安心・安全なドライブ体験をサポートしています。

 デザインは、「魂動」をより高い次元へと深化させました。「TIMELESS EDGY(タイムレス エッジー)」をコンセプトに、時を経てもお客さまの感性を刺激し続ける先進性を目指し、国内における最上位SUVとして、風格や質感にこだわり、インテリアも色や素材の一つ一つにまで吟味を重ねています。

 新型『CX-8』では、進化したクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を採用しています。2012年の導入以降で最も大きな改良を加えることにより、3列シート車の想像を超える、力強いパフォーマンスと優れた環境性能を実現しました。また、マツダ独自の技術「G-ベクタリングコントロール」を搭載。ドライバーとともに乗員全員が街乗りから長距離ドライブまで楽しめるクルマです。

 3列シートSUVとしての使いやすさを追求したパッケージングは、「人間中心」の設計思想のもとに開発しています。よりスペースを必要とされる方や多人数乗車をされる方など、お客さまの多様なカーライフスタイルをサポートするため、3種類の2列目シートを設定、最大で6人または7人が乗車可能です。さまざまな積載物に対応可能なシートアレンジ機能も備えています。また、1列目から3列目まで、乗員全員が会話を楽しみながら移動時間を過ごすことができる静粛性も実現しています。

 そして、ドライバーの認知・判断・操作をサポートする先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備*2。経済産業省、国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」*3に全機種が該当します。さらに、新開発の「360°ビュー・モニター」を設定*2し、駐車時や狭い路地でのすれ違いなど、さまざまな状況において運転するお客さまの安心と安全をサポートします。

 マツダの小飼 雅道(こがい まさみち)代表取締役社長兼CEOは、次のように述べています。
「マツダは、技術開発の長期ビジョン『サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030』*4にもとづき、クルマ本来の魅力である走る歓びによって、美しい地球と心豊かな人・社会を実現し、人の心を元気にすることを目指しています。新型『CX-8』は、この長期ビジョンの観点をふまえて走る歓びを追求した、マツダの国内向けSUVラインアップの最上位モデルであり、新しいライフスタイルをお求めになるお客さまとともに、新しい市場をつくっていきたいという意気込みで開発したクルマです。異なるライフステージ、ライフスタイルにおいて生涯を通じてマツダ車を選んでいただける、お客さまと強い絆で結ばれたブランドとなることを今後も目指します。」

↓実車の展示予定は下記の通り

■新型「CX-8」の概要は以下のとおり

●深化した魂動デザインが生み出した、唯一無二の世界観をもつ新しいSUVデザイン
普遍的な美しさと上質なデザインによって、日々の暮らしに心地よい刺激を受け続けていただきたいという想いをこめ、「TIMELESS EDGY(タイムレス・エッジ―)」をキーワードに掲げました。本物の素材による質感表現にこだわり、マツダの国内最上位SUVに相応しい「走る歓び」と「上質な豊かさやこだわり」を感じられる新たなSUVデザインを造り込みました。

エクステリアデザイン
伸びやかさや水平基調を軸にデザインを磨き上げ、力強い剛性感あふれる造形の中に、大人の落ち着き、そして上品で凛としたたたずまいを感じさせる、新しいSUVスタイルを実現しています。

コンパクトなキャビンとそれを支えるボディとの対比により「多人数車=箱型」のイメージとは一線を画す、走りの良さを感じさせるプロポーションを創出するとともに、ボディ表面の光の変化で品格を漂わせながらも、ショルダー部などの張り出しによってSUVらしい力強さも同時に表現。
ボディカラーは「マシーングレープレミアムメタリック」をはじめ、デザインテーマ「魂動」のイメージカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」など、全7色を設定。
インテリアデザイン
すべての乗員が心地よさと適度な緊張感を堪能できる空間づくりに注力。素材の選択や色味に吟味を重ね、温かみと使い込むほどに味わいが深まるような本物の素材として本杢パネルやナッパレザーを採用し*5、洗練されたモノに囲まれた「こだわりの書斎」を思わせる、上質と落ち着きに満ちた空間に仕立てました。

●3列シート車の想像を超える力強くなめらかな走り
新型『CX-8』では、人間の感覚に合った気持ちの良い走りを目指したマツダの「人馬一体」を体現する、3列シート車の想像を超えた力強くなめらかな走りを実現しました。

進化したクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」
少量の燃料を多段かつ高圧で微細噴霧化して噴射することで静粛性と燃焼効率、高い環境性能を両立する「急速多段燃焼」を採用。「段付きエッグシェイプピストン」、「超高応答マルチホールピエゾインジェクター」、「可変ジオメトリーターボチャージャー」などの新技術により、最高出力を従来の129kWから140kWに、最大トルクを420N・mから450N・mに向上させるとともに、優れた燃費性能を実現。
トランスミッション、駆動系
全機種に6速オートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE(スカイアクティブ・ドライブ)」を設定。駆動方式は前輪駆動(2WD)と新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD(アイ・アクティブ・エーダブリュディー)」を選択可能。ハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを制御し車両の安定性を向上させる制御技術「G-ベクタリングコントロール」も全機種に標準設定。
サスペンション、ブレーキ
より大型の「CX-9(海外専用車)」のサスペンション基本構造をもとに減衰力などを専用に調整。「リバウンドスプリング」をフロントダンパーに採用し、コーナリング時の安定性を向上。
ブレーキは前輪に17インチのベンチレーテッドディスク、後輪に17インチのソリッドディスクを採用し、大径マスターシリンダーとの相乗効果により高い制動力とコントロール性を両立。

↓価格は下記の通り

●多様なカーライフスタイルに対応可能な、上質で多彩な室内空間
3列目まで大人が乗れる居住性、無理のない優れた乗降性、さまざまな用途に応える収納・荷室スペースなどを実現し、3列シートSUVとしての使いやすさと快適で上質な空間の両立を追求しました。また、乗員全員が会話を楽しむなど、快適な移動時間を過ごすことができる静粛性を実現しました。

パッケージング
人間工学にもとづき、理想的な運転姿勢を取れる1列目、大柄な乗員でもくつろげる2列目、身長170cmでも無理なく快適に過ごせる3列目の空間を、日本の道路・駐車環境を意識した寸法(全長4,900mm、全幅1,840mm、全高1,730mm)の中で追及。
2列目シートには、機種により左右分割のキャプテンシート(2種類/6人乗り)とベンチシート(7人乗り)を設定。「XD L Package」専用のキャプテンシートには、中央に充電用USB端子付大型コンソールボックスを装備。
荷室容量は、3列目までの定員乗車時にはA型ベビーカー1台やゴルフバッグ2個を積載できる239L、3列目シートを倒すと572Lを確保*6。荷室のトランクボード下は307mmの深さを備えたサブトランクもあり、さまざまな用途に対応可能。(いずれもVDA方式、サブトランク容量65Lを含む、Bose®サウンドシステム無しの場合)
静粛性(NVH性能)
室内天井部やDピラー付近へ吸音材を配置し、すべての乗員が普段の声量で快適に会話が楽しめる静粛性を実現。
リフトゲート上部へパーティングシールを配置。「XD L Package」に標準設定のルーフレールには空気の流れを乱さない空力形状を採用し、走行中の風騒音を低減。
前輪ダンパーへのダイナミックダンパー設定、後輪フェンダーパネルへの制振材採用などにより、ロードノイズ音源となる車体の共振を抑制。

●すべての乗員の「走る歓び」を支える、高い安全性能
先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備*2。すべての乗員が安心してドライブを楽しめるよう、事故リスク低減から衝突被害軽減まですべての領域における高い安全性能を追求し、家族や友人と過ごす充実した移動体験をサポートします。

アクティブセーフティ領域
最新の「360°ビュー・モニター」を設定*2。車両の前後左右にある4つのカメラ映像をさまざまな走行状況に応じて切り替えてセンターディスプレイに表示することで、死角や障害物との距離を目視で確認できるようになり、危機回避操作をサポートします。
パッシブセーフティ領域
軽量・高剛性ボディ「SKYACTIV-BODY(スカイアクティブ・ボディ)」に、マツダ初の「二又構造」をCピラー下に採用。後面衝突時に3列目乗員を保護する剛性を確保。
「アクティブボンネット」を標準装備。歩行者との衝突を検知した瞬間にボンネット後端を約100mm持ち上げてエンジンとの間に空間を作り、歩行者への衝撃を緩和。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(日本車)

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.