●その他自動車関係(欧州車)

アウディが新型「Q5」発表。60キロ軽量化、燃費は11%改善。価格は657万円から

LINEで送る
Pocket

アウディが「Q5」を8年ぶりにモデルチェンジし、10/2より発売すると発表。
今回の新型Q5で二代目となりますが、初代はなんと160万台以上の累計販売数を誇る、とのこと。
新型Q5はMLB Evoプラットフォームをベースに構造が一新され、先代に比べて60キロの軽量化に成功。
エンジンパワーも増加しているものの、燃費は11%も改善されている、としています。

新型Q5のスペックは下記の通り。

Audi Q5 2.0 TFSI quattro
全長:4,680ミリ
全幅:1,900ミリ
全高 :1,665ミリ
ホイールベース:2,825ミリ
車両重量:1,820キロ
JC08モード燃費 :リッターあたり13.9キロ
総排気量:1,984cc
エンジン:直列4気筒DOHC インタークーラー付ターボチャージャー 
最高出力:252馬力
駆動方式:quattro(4WD)
トランスミッション:7速Sトロニック
車両本体価格(税込):6,570,000円

以下はアウディのプレスリリースより。

新型Audi Q5では、最新のコネクティビディー機能も搭載されました。MMIタッチナビゲーションを介して、Audi connectによるインターネットからの情報サービスや、Wi-Fiスポット機能、スマートフォンインターフェイスなどを標準装備しています。今年から搭載が始まった「セーフティ&サービス」も搭載され、Audi SOSコール、Audi オンラインロードサイドアシスタンス、Audi メンテナンスリクエスト、myCar Managerの4つの機能を提供します。

パワートレインは、最大出力185kW(252PS)を発揮する2.0 TFSIエンジンに7速Sトロニックを組み合わせ、quattro 4WDシステムにより駆動します。シャシーは、新開発の電動パワーステアリングと、前後に5リンクのサスペンションを採用し、ハンドリングと乗り心地を高度なレベルで両立させています。オプションで新開発のエアサスペンションも設定され、Audi drive selectで、「lift / offroad」、「allroad」モードを含む7つのセッティングが選択でき、舗装路からオフロードまで幅広い走行条件に対応します。 

初代で好評を得たオリジナルな資質に、最新のテクノロジーを採用してさらなる磨きをかけた新型Audi Q5は、デザイン、ユーティリティ、走行性能、快適性、サステイナビリティ、先進性、品質、いずれの面でも高いスタンダードを実現した真にオールラウンドなプレミアムSUVで、このセグメントの新たなベンチマークを確立しています。

-●その他自動車関係(欧州車)