トップページ






●その他自動車関係(日本車)

スズキがアルト、ワゴンRほかにリコール。OEM車の日産ルークスにも影響し、対象は126,171台

| センサー異常のみで事故の心配はなし |

スズキがワゴンR、アルト、ラパン、パレット、(OEM生産の)日産ルークス、マツダ・キャロル、マツダ・AZ-ワゴン等にリコールを発表。
内容としては後輪の車速センサーの樹脂材質が不適切であり、場合によっては異常信号を出してスピードメーターが作動しなくなる可能性がある、とのこと。
なお不具合の件数は614件(けっこう発生している)、対象となるのは126,171台。
国土交通省発表の内容はこちら

スズキのリコール内容はこちら

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

四輪駆動車のリヤ車輪速センサーにおいて、センサーの樹脂材質が不適切なため、樹脂が吸水することがある。そのため、センサー内部の電子部品がショートし、センサーが異常な信号を出力して、ABS警告灯が点灯して機能が停止または、速度計が作動しなくなるおそれがある。

改善措置の内容
全車両、リヤ車輪速センサーの識別番号を確認し、対策前品が装着されていた場合は対策品と交換する。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(日本車)
-, ,