>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

●ブログ運営について

自動車ブログでお金を稼ぐ方法を考える(3)~ブログの方向性を考えてみよう

更新日:

| 数あるブログの中で特色を出すには? |

lamborghini huracan

さて、自動車ブログの運営について。
ワードプレスやプラグインなど技術的なことばかりだと面白くないので、「方向性」についてここで考えてみたいと思います(技術的なことは折に触れて公開予定)。
要は「どんな方向性でブログを運営するか」ですね。



方向性は自分で考えるしかない

ブログの方向性、というのはけっこう多種多様。
その人の性格や性質が反映されてしかるべきだと思いますが、これは「自分にできそうな」スタイルを採用するしか無い、と思います。

いかに他に優れたブログがあって、「その人のようになりたい」と考えたとしても、それを実行できるかどうかは別問題。
かつブログは継続して更新する必要があり、本来の自分とは異なるスタイルだと更新が苦になってすぐやめてしまう、ということにも。

「スタイル」の定義というのは難しく、そういったジャンルがあるわけではありませんが、下記にざっとぼくが思った「スタイル」を記載してみます。

自分がどういった方向性を打ち出せるのか、向いているのかということを考え、どれかに特化するもよし、バランス良く組み合わせてもよいかと思います。

おおよそこんなスタイルがある

大衆車かニッチか

大衆車は興味を示す人も多いぶん、競合も多い。
新参の場合はGoogleにもインデックスされにくく、検索による訪問が期待できない。
となると別途流入を確保する必要があるが(改めてその方法は記載)、それなりに手間がかかり、記事執筆の時間を削がれる。
一方ニッチだと興味を持つ人の母数は少ないが、情報自体も少ないので検索による流入を期待しやすい(そのニッチで他に競合がなければの話)。
限定された製品や限定されたターゲットにおいて「認知機会」を発生させることは比較的容易。

購入記

これはそのまま、その車を購入する際の記録。
ディーラーの訪問やその対応、商談内容などを仔細に記載すれば、同じ車の購入を考える人が検索してやってきてくれる可能性も。
ただしその車の旬がすぎれば検索ボリュームはガクンと減り、定期的に車を買い換える人でないとこれをメインにするのは難しい。

試乗記

購入記同様、そのクルマに興味がある人をひきつけることができる。
ただしこれも旬が過ぎれば価値が低下する。
試乗には時間を要し、記事執筆にも時間がかかる(その割にリターンは少ない)。

カスタム/メンテナンス

意外と少ない、カスタムやメンテナンスの情報。
洗車や車検、トラブル、改造などなんでもOK。
ただし画像を用意したり、内容を解説したり、とかなり記事作成に手間がかかる。
しかしながら作成したコンテンツの「賞味期限」は長く、その道で評価されれば一定の流入を期待できる。

クラッシュ専門

クラッシュはかなりアクセスを稼げるネタですが、ぼくは現在のところこれを扱わないように。
人の不幸を取り上げるというのはモラルとしてどうかということを考えているわけですが、そこは割り切って「クラッシュに特化する」という人がいてもよさそう(海外では実際に多い。ユーチューバーも同様)。
ただし、Googleアドセンスには一定の規約があり、人が怪我をしているような内容については警告を受けたりアドセンス停止になるので要注意(規約はコロコロ変わるのでGoogleアドセンスを参照してもらえれば)。



サーキット走行/ドライビングテクニック

上記カスタム/メンテナンス同様に記事の賞味期限が長い(が、制作には手間がかかる)。
セッティングの出し方、改造に対する効果、パーツレビューは非常に有用。

新車情報

リリースされる新車情報のまとめ。
いながらにして記事を作成できるので、効率が最も高い。
そのぶん同様のサイトも多く、競合が多いために「流入」を確保することができれば(これも別途記載)かなり有効。

海外向け

意外と日本車の情報に飢えている国は多く、英語が達者であれば日本の中古車情報、軽自動車など日本でしか売っていないクルマ(JDM)の情報をアップするのはかなり有用。
サイトデザインも和風にするとなお吉。
英語人口は世界規模で考えると相当に多く、1記事あたりの閲覧も「日本語のみ」の記載とは桁違いに。
日本のユーチューバーはあまり稼げなくとも、英語を使用したユーチューバーが稼げるのは「その言葉を話す人口の違い」。

自動車「関連」製品

自動車関連製品のレビュー。
オートバックスなどカー用品店を回ったり、ネットで新製品情報を拾って(この方法も別途アップ)自身のブログで紹介する方法。
けっこう需要はあり、しかも競合が少ないので今から始めるにはかなりおすすめ。
レビューサイトや価格ドットコム、アマゾンなどにもレビューを記載し、リンクを貼ればそこからの流入も獲得可能。
定期的に出る異業種とのコラボ製品/サービスを紹介、という手も。

自動車とライフスタイル

クルマそのものではなく、そのクルマで何ができるか。
たとえば「ミシュランガイド」はもともとドライバー向けに「クルマで行く、おすすめレストラン」がそのルーツであったものが今やこんなに巨大に。
これと同様に、クルマで行く場所や、クルマで行っても困らない場所、そのノウハウや裏技、駐車場情報、レジャー施設情報などなど。
食べ歩きが好きなのであれば向いているかも(ネタには困らない)。
ほか、夜景スポット、撮影スポット、撮影方法の紹介もかなりな需要があり、これらも「そういったコミュニティ」に特化したサイトに投稿することで安定したPVを得られる可能性もアリ。

文章のイメージ

これもその人なりの性格が出ると思われ、丁寧なもの、フレンドリーなもの等いろいろ。
さらに文章そのものも「自分はこう思う!」と断じるタイプや「皆さんどう思います!?」といった感じで読者に疑問を投げかけるもの、「普通はこうですよね?」などと同意を求めるものなど。
自分がリーダーシップを取りたいのか、同調を求めるのか、文句を言いたいのか(辛口批評は人気があるが、自動車ディーラー/ショップから出入り禁止になる可能性も)、これも「性格」が出る部分。

コメントの活用

各記事のコメント欄をオープンにするかどうか。
オープンにすればコメントを書く時間だけ「滞在」してくれることになり、Googleからのページ評価が上る可能性も(ページ評価も改めて別記事で解説)。
さらにはそのコメントへのコメントを見に来てくれるので「再訪問」も期待でき、コメント欄で読者同氏がディベートを開始すれば(自分で焚きつけてもいい)、それだけでPVが稼げるように。
ただしコメントへの返信、閲覧は時間と労力がかかるので、コミュニケーション上手、そしてこれを楽しめる人でないと難しいのかも(でないと疲弊して病んでしまう)。
その他デメリットもあり、総合的に判断するしかなさそう。

ざっと思いつくのはこんな感じ。
他に気がつくものがあれば改めてアップしたいと思います。

あわせて読みたい関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●ブログ運営について
-, , , , ,

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.