トップページ






●その他自動車関係(日本車)

マツダが2017年通年の生産・販売状況を公開。販売だとCX-5は前年比で倍以上、デミオは-14%

2018/02/03

| 車種によって明暗くっきり |

MAZDA

マツダが2017年の国内販売実績を公開。
これによると国内市場では前年比+4.1%となっており、主要車種だと前年比で「デミオ」が-14%、「CX-5」が+105.7%、「アクセラ」が-1.8%。
つまりCX-5はなんと「倍以上伸びた」ということになり、SUV人気が如実に反映されたことになります。

マツダからのプレスリリースはこちら

国内生産

(1)2017年12月
乗用車が増となり、前年同月実績を上回りました(+8.3%)。

【主要車種実績】
「CX-5」 : 36,388台 (前年同月比+35.8%)
「アクセラ」 : 11,276台 (同-22.6%)
「CX-3」 : 10,154台 (同+36.7%)

(2)2017年1~12月
乗用車が減となり、前年同期実績を下回りました(-0.6%)。

【主要車種実績】
「CX-5」 :   381,567台 (前年同期比+14.0%)
「アクセラ」 :   176,072台 (同-17.7%)
「CX-3」 :   137,094台 (同+20.3%)

海外生産

(1)2017年12月
商用車の減により、前年同月実績を下回りました(-1.5%)。

【主要車種実績】
「アクセラ」 : 22,277台 (前年同月比+10.0%)
「CX-4」 : 7,669台 (同+6.5%)
「デミオ」 : 6,517台 (同-1.9%)

(2)2017年1~12月
乗用車と商用車がともに増となり、前年同期実績を上回りました(+4.5%)。

【主要車種実績】
「アクセラ」 :   255,080台 (前年同期比-1.1%)
「デミオ」 :   98,865台 (同-3.7%)
「CX-4」 :   70,553台 (同+68.7%)


国内販売

(1)2017年12月
乗用車と商用車がともに増となり、前年同月実績を上回りました(+49.5%)。
シェアは、登録車が5.2%(前年同月差+2.0ポイント)、軽自動車が1.8%(同+0.1ポイント)、総合計は4.1%(同+1.4ポイント)でした。

【主要車種実績】
「デミオ」 : 5,160台 (前年同月比+40.1%)
「CX-5」 : 2,091台 (同+210.2%)
「CX-8」 : 2,083台

(2)2017年1~12月
乗用車と商用車がともに増となり、前年同期実績を上回りました(+4.1%)。
シェアは、登録車が5.0%(前年同期差±0ポイント)、軽自動車が2.2%(同-0.1ポイント)、総合計は4.0%(同-0.1ポイント)でした。

【主要車種実績】
「デミオ」 :   49,299台 (前年同期比-14.0%)
「CX-5」 :   41,600台 (同+105.7%)
「アクセラ」 :   25,837台 (同-1.8%)

輸出

(1)2017年12月
北米、欧州などの減により、前年同月実績を下回りました(-5.2%)。

【主要車種実績】
「CX-5」 : 34,019台 (前年同月比+17.9%)
「アクセラ」 : 10,999台 (同-28.5%)
「CX-3」 : 10,227台 (同+44.6%)

(2)2017年1~12月
北米、オセアニアなどの減により、前年同期実績を下回りました(-2.9%)。

【主要車種実績】
「CX-5」 :   335,421台 (前年同期比+7.1%)
「アクセラ」 :   149,844台 (同-20.5%)
「CX-3」 :   120,342台 (同+27.1%)

プレスリリース全文はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(日本車)
-